体と心へのジャスミンオイルの効果+使用のヒント

ジャスミンほど官能的で甘く、花のような香りは他にほとんどありません。よく知られているエッセンシャルジャスミンオイルは、本物のジャスミン植物の白い花から得られます。アロマテラピーや化粧品で非常に人気のある最も貴重なエッセンシャルオイルの1つです。ジャスミンオイルの効果、使用法、生産について知る必要があるすべてがこの記事にあります!

ジャスミンオイルについての興味深い事実

ボトルと白いジャスミンの花の純粋なエッセンシャルジャスミンオイル

本物のジャスミン(Jasminum officinale)は、オリーブ科の登山用木材です。この植物はヒマラヤに由来しますが、現在は熱帯気候、特にインド、エジプト、モロッコ、イタリアでも見られます。ジャスミンは何世紀にもわたってその甘くて魅惑的な香りで知られており、世界で最も有名な香水のいくつかで使用されています。それはまだアルコール、お菓子、デザートを精製するために使用されています.

かごの中から選んだ白いジャスミンの花

ジャスミンエッセンシャルオイルはオレンジブラウン色で、花のような甘くて暖かい香りがします。それは絶対的なプロセスを使用して得られます-エッセンシャルオイルを溶解するために特定の溶媒が使用されます。生産の特徴は、ジャスミンの花の摘み取りから始まります。ジャスミンはこの時期にのみ完全な香りを放つことができるので、日の出前に手で摘む必要があります。星型の花もとてもデリケートなのでつぶしてはいけません。 500ミリリットルのオイルには約500kgの花が必要です。これは、400万個以上のジャスミンの花に相当します。そのため、純粋なジャスミンオイルは価格が高くなります。さらに、ムスクに匹敵する動物の香りの効果を持つ数少ないエッセンシャルオイルの1つです。.

天然ジャスミンオイル成分アプリケーションアロマテラピー

この貴重なエッセンシャルオイルは、独自の成分組成が特徴です。ジャスミンオイルには100をはるかに超える成分が含まれていますが、最も重要な化学成分は、酢酸ベンジル、リナロール、インドール、安息香酸ベンジル、ジャスモン、アントラニル酸メチル、および微量のファルネソール、イソフィトール、フィトールなどです。したがって、ジャスミン植物の貴重な油を合成的に生産することはできません.

その魅惑的な香りに加えて、ジャスミンオイルは多くの健康上の利点を提供する特性を持っています。感染症に対するうつ病を治療するための家庭薬として広く使用されていますが、その媚薬特性でも知られています.

ジャスミンオイルの効果と健康上の利点

ジャスミンの花からジャスミンエッセンシャルオイルを作る

ジャスミンオイルの強い香りは、身体的レベルと心理的レベルの両方に影響を及ぼします。それは理由からエッセンシャルオイルの女王として知られています。ジャスミンオイルには、強化、刺激、活力を与える効果があります。それは気分を改善し、落ち着きとリラックス効果があります。ジャスミンオイルは敏感肌や乾燥肌に再生効果があるだけでなく、脂性肌にも配慮しているため、女性は何世紀にもわたってそれを高く評価してきました。ジャスミンのエッセンシャルオイルはまだしわに使用することができ、肌にバランスをとる効果があります.

ジャスミンオイルの効果と健康上の利点

ジャスミンオイルも官能的な効果があり、不安を和らげることができます。あなたが緊張して落ち着きがないなら、それは素晴らしく落ち着くことができます。魅惑的な香りは、自信を高め、無関心を解消し続けると言われています。ジャスミンアロマセラピーがうつ病の症状を軽減する可能性があるといういくつかの証拠があります。さまざまな研究によると、吸入すると、香りは脳の活動や気分の状態に影響を与え、参加者はよりポジティブでエネルギッシュに感じたと述べました.

エステルの含有量が高いため、ジャスミンオイルは多くの健康上の利点を提供します。抗菌効果があり、細菌に対しても効果があります。肌を刺激せず、にきび、にきび、にきびなどの問題を軽減します。頭皮へのジャスミンオイルの効果も刺激がなく、もろい髪に栄養を与え、髪の根を強化することができます.

けいれんやけいれんから痛みを和らげる

ジャスミンオイルは鎮痙作用があるため、けいれんやけいれんなどの症状にも使用できます。何世紀も前に、オイルは月経困難症に使用され、今日でも出産を容易にするために使用されています。ジャスミンオイルの鎮痛効果があるため、頭痛の効果的な治療法でもあります.

ジャスミンオイルの塗布

ボトルに入ったジャスミンエッセンシャルオイル

ジャスミンオイルには多くの用途があります。それは化粧品、すなわち皮膚や髪のケアに広く使用されています。身体的なレベルでは、炎症や皮膚の炎症、筋肉や頭痛、けいれんや緊張、湿疹の緩和にも使用されます。.

その健康上の利点に加えて、オイルはアロマセラピーで広く使用されています。官能的な香りは、すべての感覚に訴え、体をリラックスさせ、同時に肌をケアすることができるため、マッサージオイルに最適です。.

ピュアエッセンシャルジャスミンオイルマッサージオイルアロマセラピーとして使用

リラックス効果と落ち着き効果があるため、ジャスミンオイルは今でも出産の準備に使用されています。調子を整える効果があるため、子宮を強化するために使用されます。ただし、このオイルは、出産を除き、助産師または産婦人科医の同意がある場合にのみ、妊娠中の使用には適していません。.

睡眠障害や入眠に欠かせないジャスミンオイル

ジャスミンオイルは、その香りがバリウムと同様の効果があるため、今でも自然な睡眠補助剤と見なされています。したがって、オイルは睡眠障害に使用することができます-それは心を落ち着かせる効果があり、したがって眠りに落ちやすくなります。枕やフレグランスランプに数滴でも、より良い睡眠を確保します.

肌と髪のためのジャスミンオイル

ジャスミンオイルの効果と肌や顔への使用

ジャスミンオイルは、スキンケア、特に炎症の緩和、老化防止、乾燥肌に広く使用されています。また、湿疹や皮膚炎の治療にも広く使用されています。ジャスミンオイルをフェイスクリーム、シャワージェル、またはボディローションに混ぜると、傷を取り除き、乾燥肌に潤いを与え、脂性肌を防ぎ、しわを減らすのに役立ちます.

ヘアトリートメントとしてジャスミンオイルを塗った髪のお手入れ

髪はジャスミンオイルの再生効果からも恩恵を受けることができます。オイルを使用することで、髪の周りに薄い水分層を作り、しなやかで美しい髪にします。それでも髪の根元と長さを強化し、髪をより太く、より輝かせます。あなたの髪にジャスミンオイルの利点を得るには、自家製のレジメンを作成することができます。純粋なジャスミンオイルをアーモンド、オリーブ、またはココナッツオイルと数滴混ぜ、濡れた髪に分散させ、10分間放置してから、すすぎます。.

ジャスミンオイルのように塗る?

ジャスミンオイルの塗布のヒントを吸入する純粋なエッセンシャルオイル

自宅でジャスミンオイルアロマセラピーの精神的な利点をマッサージオイルまたはディフューザーとして使用することで利用できます。ボトルから直接香りを吸い込むことも心に良い影響を与えると言われています。体の痛みやけいれんには、不快感を和らげるためにオイルを局所的に使用することができます。ジャスミンオイルの内部使用は意図されていないため、避ける必要があります。このため、ジャスミンオイルはベーキングには適していません。代わりに、ジャスミン茶を使用する必要があります.

家でジャスミンオイルを作れますか??

ジャスミンの花とアーモンドオイルによるジャスミンオイルの生産

ジャスミンは庭で人気のつる植物であるため、貴重なジャスミンオイルを自分で作ることができるかどうか疑問に思う人も少なくありません。答えはイエスですが、プロセスは非常に面倒で時間がかかります。さらに、純粋なエッセンシャルオイルは、家庭で作られた場合には決して達成できない高濃度の香りが特徴です。その結果、エッセンシャルオイルではなくフレグランスオイルが得られます.

それでも自分でジャスミンオイルを作ってみたい場合は、青々と咲くジャスミン、アーモンドオイル、そしてスクリュートップジャーなどの気密容器が必要です。何よりもまず、日の出前にジャスミンの花を摘むことが重要です。次に、純粋なアーモンドオイルと摘み取ったジャスミンの花を容器に入れ、密封して、暖かくて日当たりの良い場所に置きます。その後、2、3日ごとに花を交換し、数週間後に自家製ジャスミンオイルの準備が整います。使用する前に、花の残骸が残らないようにオイルをろ過することをお勧めします。 DIYオイルを使用すると、たとえば、自家製クリームやマッサージオイルを作ったり、リラックスできるお風呂で自分を治療したりできます。.

ジャスミンオイルであなた自身の香水を作りましょう

エッセンシャルオイルジャスミンオイルで自分で香水を作りましょう

このような強い香りが気に入らない場合は、エッセンシャルオイルから作られた自家製の香水がぴったりです。あなたは本当にそのために多くを必要としません。手首、首、首に純粋なジャスミンオイルを一滴塗るだけです。しかし、あなたは絶対にジャスミンオイルのファーストクラスの品質に注意を払う必要があります。エッセンシャルオイルとアルコールを混ぜて、香りが長持ちし、より強い効果が得られるようにすることもできます。ジャスミンと他の香りの組み合わせも素晴らしいオプションです。ジャスミンオイルは、イランイランなどの他の花の香りや、柑橘類や根の香りと見事に調和します。さまざまな組み合わせを試して、独自のフレグランスを作成することをお勧めします.

About the author