コロナに対するエッセンシャルオイル:その効果からどのように利益を得ることができますか?

コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、多くの人々は、自分たちの生活や心の状態に深刻な影響を及ぼしている深刻な身体的および感情的な課題に直面しています。ウイルスが蔓延し、ワクチンがまだ開発中である間、多くの人々は免疫システムを強化したり、ウイルスの感染を防ぐために代替医療や自然療法に目を向けています。以下では、エッセンシャルオイルがコロナに対してどのように役立つかを明らかにします.

エッセンシャルオイルはこの深刻な健康危機にどのように役立つことができますか?

エッセンシャルオイルの単純な匂いでさえ、体に多くの測定可能な生理学的影響を与える可能性があります。

エッセンシャルオイルまたはその成分は、医薬品、薬用化粧品(薬効のある化粧品)、食品保存料、フレーバーエンハンサー、従来の補完的な薬、アロマテラピー、ウェルネスおよびスパ業界でよく使用されます。エッセンシャルオイルは、その香りが心地よく爽快であるだけでなく、多くの健康上の利点を提供し、家庭で安全であると考えられているため、人気があります。エッセンシャルオイルの匂いを嗅ぐだけでも、心拍数や血圧の変化、脳波活動の変化、眼球運動の変化など、身体に多くの測定可能な生理学的影響を与える可能性があります。実際、多くの研究が示していますエッセンシャルオイルの香り 心理生理学的影響 ストレスや感情的な混乱からの迅速な救済を提供することが証明されています.

エッセンシャルオイルの抗菌効果と抗ウイルス効果

エッセンシャルオイルの抗菌効果と抗ウイルス効果

免疫システムは非常に複雑なシステムであり、有害な病原体に対する体自身の健康的な防御に関与しています。ただし、特定の健康要因や精神状態は免疫システムを弱める可能性があります。エッセンシャルオイルのような自然療法はそれを行うことができます 体の免疫応答をサポートする そして私たちの全体的な健康状態に影響を与えます.

エッセンシャルオイルには治療特性の長いリストがありますが、すべてのオイルが同じように機能するわけではありません。いくつかのエッセンシャルオイルは、特定の用途を持ちながらさまざまな効果があります。エッセンシャルオイルの中には、反応が速いものもあれば、累積効果がはるかに遅いものもあります。これらの違いは、エッセンシャルオイルの成分、使用される投与量、および適用方法によって決定されます。多くのエッセンシャルオイルは互いに相乗効果を発揮し、同時に複数の健康面を治療することができます。 Covid-19のような重度の感染症では、身体的および精神的な健康を増進するために、全体的および生理学的利益の両方を提供する少数のエッセンシャルオイルを選択することが重要です。このようにして、免疫システムも同時に刺激されます.

ローズマリーオイルは精神障害を和らげ、呼吸を改善することができます

エッセンシャルオイルの効果 天然抗ウイルス剤 臨床研究により、その成分のいくつかがウイルス複製を阻害することが示されているため、は有望です。ただし、エッセンシャルオイルがウイルスを弱めることができるメカニズムはまだ不明です。対照的に、選択できる実証済みの抗菌および抗菌エッセンシャルオイルがいくつかあります。これまでのところ、抗ウイルス剤としてラベル付けされたエッセンシャルオイルのほとんどは主にヘルペスウイルスに対してテストされているため、Covid-19との戦いに自動的に役立つとは限りませんが、間接的に免疫システムをサポートすることができます.

エッセンシャルオイルには、さまざまな症状を緩和し、Covid-19病に役立つ可能性のある他の多くの特性があります。それらは、呼吸器消毒薬、抗炎症薬、粘液溶解薬、発熱薬、鎮咳薬、去痰薬、充血除去薬、および抗酸化薬として機能します。これらの特性を持つすべてのエッセンシャルオイルは、体内の「地形」を感染性ウイルス粒子にやさしくしにくくし、症状の重症度を軽減するのに役立ちます.

ペパーミントのような呼吸器用オイルは呼吸能力を改善することができます

呼吸器用オイル たとえば、ペパーミント、ユーカリ、松葉、ジュニパーベリーなどは、気道を開いたままにして呼吸能力を向上させるのに役立ちます。それらはまた去痰薬、抗ウイルス剤、および抗菌剤として作用することができ、体に一般的なサポートを提供するために狭いスペースで周囲の空気を「消毒」するのを助けます。エッセンシャルオイルはコロナウイルスの奇跡的な治療法とは言えませんが、Covid-19の症状が軽度で、入院する必要がない人には役立ちます。.

免疫システムと精神

ラベンダーオイルは不安を軽減することができます

先に述べたように、免疫系は精神的健康に直接関係しています。なぜなら、否定的な心理状態や感情障害は、病原体を認識する免疫系の能力に影響を与える可能性があるからです。それも ストレスレベル ストレスホルモンレベルの変化も免疫力を低下させる可能性があるため、これは効率的な免疫応答の要因です。したがって、メンタルヘルスを改善することで、感染症や病気と戦う可能性を高めることができます。気分を高揚させ、気分を高め、落ち着かせ、リラックスさせ、抗うつ、刺激、調子を整える効果のあるエッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーは、体と心を後押しし、間接的にコロナウイルスとの戦いに貢献します。.

軽いエッセンシャルオイル用ディフューザー

たとえば、空気のような ローズマリーオイル 精神的無関心を打ち消し、免疫応答と呼吸の両方を改善します. ラベンダーオイル 不安を軽減し、ストレスホルモンレベルを調節し、さまざまな呼吸困難を助けることができます. レモンオイル 抗酸化物質であり、感覚を研ぎ澄まし、心臓と呼吸のリズムを調節することができます. ローズゼラニウム 抗炎症作用があり、ストレスホルモンを調節することもできるアダプトゲンです.

エッセンシャルオイルは、家族や病気の人の世話をする人の精神的および感情的な健康にも役立ちます。心と感情を和らげるエッセンシャルオイルの例としては、カルダモン、バジル、シャンパカ、クラリセージ、グレープフルーツ、ジャスミン、タンジェリン、パチョリ、プチグレイン、ローズ、ナードオイル、チューベローズ、ベチバー、イランイランがあります。.

エッセンシャルオイルの相乗効果

エッセンシャルオイルの相乗効果

相乗効果はコラボレーションを意味します。相乗効果は、エッセンシャルオイルのさまざまな成分間で自然に発生し、独自の治療効果をもたらします。エッセンシャルオイルの各成分の濃度も、その治療的価値に影響を与えます。同様の成分と特性を持つエッセンシャルオイルをブレンドして、より強力なアロマテラピー療法にすることができます。このような相乗的なブレンドの唯一の欠点は、いくつかの成分が悪影響を与える可能性があることです。したがって、エッセンシャルオイルまたはその成分の潜在的な毒性を確認することが重要です.

エッセンシャルオイルの可能な用途は何ですか??

グレープフルーツは感情を落ち着かせるエッセンシャルオイルです

自分や他の人にエッセンシャルオイルを使用する前に、特定のエッセンシャルオイルは特に強い匂いがあり、子供や妊娠中の女性(匂いの感覚が特に敏感な)には必ずしも適しているとは限らないことに注意する必要があります.

1。 直接吸入 嗅覚ストリップまたは点鼻薬を使用すると、呼吸を改善したり、明確な心を維持するのに役立ちます。この方法は、鼻づまり、くしゃみ、咳、喉の痛み、副鼻腔感染症、干し草熱、風邪などによる呼吸困難などの上気道の問題を緩和するのに役立ちます。有用なエッセンシャルオイルには、ラベンダー、ユーカリ、ペパーミント、松葉、ティーツリーなどがあります。ストレス、不安、過敏性、倦怠感を軽減するため、または一般的なリラクゼーションに効果的であることが示されているエッセンシャルオイルには、ゼラニウム、ラベンダー、タンジェリン、オレンジ、ローズ、ベチバーが含まれます.

エッセンシャルオイルを含むディフューザーとスプレーは、空気清浄機として機能することができます

2. ディフューザーとスプレー シナモンの葉、ユーカリ、ペパーミント、ティーツリーなど、多くのエッセンシャルオイルには防腐性と抗菌性があるため、快適な室内空気を維持するのに適しているだけでなく、空気浄化剤としても機能します。精神的覚醒を高め、記憶力を向上させるエッセンシャルオイルは、ベルガモット、レモン、ペパーミント、ローズマリーです。.

3. 局所 使用する, エッセンシャルオイルが肌から吸収されるように。常に基油で非常に希釈して使用する必要があることを確認してください.

コロナに対するどのエッセンシャルオイル?

空気清浄機として抗菌・抗ウイルス効果のあるエッセンシャルオイル

空気中のウイルス粒子に対する空気清浄機

新しいコロナウイルスは空中を伝染します。そのため、ディフューザー、スプレーボトル、エアゾールの室内消毒にエッセンシャルオイルを使用できます。抗菌性と室内空気浄化特性を備えた最高のオイルのいくつかを次に示します。

-ベルガモットオイル

-シナモンリーフオイル(Cinnamomum zeylanicum Nees)

-ユーカリ油-Eucalyptusradiata、Eucalyptus globulus、Eucalyptussmithiiを含むすべての種

-スピアラベンダーオイル(Lavandula latifolia)

–Litsea Cubeba(May Chang)オイル

-ペパーミント(メンタ×ピペリタ)

免疫システムを強化したり、ウイルスを阻害したりするエッセンシャルオイル

免疫システムを強化したり、ウイルスを阻害したりするエッセンシャルオイル

-ベルガモットオイル

–Cajeput(Melaleuca leucadendron)はマートルヘザーとも呼ばれます

-ユーカリ油-Eucalyptusradiata、Eucalyptus globulus、Eucalyptussmithiiを含むすべての種

-ラバンディンオイル(Lavendula latifolia)

-レモングラス(Cymbopogon citratus)

-南洋マートルとも呼ばれるマヌカオイル(Leptospermum scoparium)

-レモンバーム(Melissa officinalis)

-ニアウリオイル(Melaleuca quinquenervia)

-クスノキ(Cinnamomum camphora)

-ローズマリーオイル(Rosmarinus officinalis)

-ティーツリーオイル(Melaleuca alternifolia)

-タイムオイル(Thymus vulgaris)

アダプトゲンおよび抗酸化エッセンシャルオイル

アダプトゲンおよび抗酸化エッセンシャルオイル

いくつかのエッセンシャルオイルは呼ばれています アダプトゲン 体のプロセス、ホルモンの放出、ストレスに「正常化」効果があることが知られているため、分類されています。これは、それらの効果が、ニーズに応じて、刺激的、刺激的、調子を整える、または落ち着かせてリラックスすることができることを意味します。適応性のあるエッセンシャルオイルは、ストレスホルモンレベルの調節、スタミナの増加、免疫応答の改善、血圧、心拍数と呼吸数の調節、炎症の軽減、病気の予防と治療に役立ちます.

アダプトゲンオイルの例: ベルガモット、フランキンセンス、ローズゼラニウム、ラベンダー、レモン、レモンバーム、ローズ、ネロリ、ターメリック、イランイラン.

酸化防止剤 酸化ストレスとの戦いでトップサポーターであり、免疫システムを改善し、体を健康に保つのに役立ちます。たとえば、柑橘系の果物、黒コショウ、生姜、オレガノのエッセンシャルオイルには抗酸化作用があります.

エッセンシャルオイルは、けいれん性の咳を和らげるのにも役立ちます

エッセンシャルオイルは 百日咳からの解放 助ける。最良の塗布方法は、蒸気吸入または乳房摩擦です。. エッセンシャルオイルを和らげる咳の例 ベンゾイン、ヒノキ、ローマンカモミール、フェンネル、フラゴニア、ラベンダー、マートル(グリーン)、マヌカ、マジョラムです。.

ノート:ベンゾインオイル、ローマンカモミール、フラゴニア、ラベンダー、マヌカは、ディフューザーまたは0.5%から1%の希釈混合物で子供や敏感な人に適しており、足の裏に塗布されます.

肺感染症 細菌、ウイルス、または真菌によって引き起こされる肺の深刻で生命を脅かす感染症です。胸部の摩擦と吸入は、病気から6か月後までの回復期間に役立ちます。

呼吸器と組織の再生に抗炎症作用を持つエッセンシャルオイルは、ベンゾイン、シダーウッド、フランキンセンス、リナロールまたはネロリドールを含むニアウリ、およびリナロールを含むタイムです。.

より優れたアロマセラピーブレンドレシピについては、この記事をチェックしてください!

About the author