エラグ酸効果-病気の予防のための健康上の利点

エラグ酸の効果は、主にそれが天然に存在する物質であるという事実に基づいています。食事に含まれる天然物の最良の供給源は、例えば、イチゴ、ラズベリー、ブラックベリー、サクランボ、クルミです。最近では、癌の予防、認知機能の改善、ウイルスや細菌の感染を防ぐために、エラグ酸カプセルを経口摂取する人もいます。この投稿では、この化合物が体にどのように影響するか、そしてそれで副作用が発生する可能性があるかどうかについてもっと読むことができます.

エラグ酸の影響について知っておく価値のある事実

エラグ酸効果のあるブルーベリーラズベリーのようなさまざまな種類のベリー

エラグ酸は、主に果物や野菜に含まれるポリフェノールまたは微量栄養素です。一部の食品には、エラギタンニンと呼ばれるより複雑なバージョンが含まれています。これは、体内でエラグ酸に変換される酸です。後者はその抗酸化特性で知られています。とはいえ、それはあなたの体から毒素を取り除き、フリーラジカルとして知られている有害な分子から保護します。植物はまた、感染やその他の問題に対する防御機構としてこの抗酸化化合物を生成します。肌をエラグ酸で治療して明るくすることも可能です.

エラグ酸カプセルの研究と研究としてのイチゴ中のポリフェノール微量栄養素

エラグ酸は、発ガン性の化学物質に結合し、ガン細胞の成長を防ぐことができます。しかし、栄養素は吸収が不十分で、体からすぐに排泄されます。このため、これらの特性は医薬品としての有用性を制限する可能性があります。エラグ酸の抗増殖効果のために、研究者はいくつかのタイプの癌における物質の抗炎症特性を注意深く研究しました。さらに、増え続ける証拠は、エラギタンニンが肥満を軽減し、インスリン抵抗性、2型糖尿病、非アルコール性脂肪性肝疾患、アテローム性動脈硬化症などの肥満を介したメタボリックシンドロームを緩和するのに効果的であることを示唆しています.

医学研究と利点

栄養補助食品としてエラグ酸カプセルを多く含むザクロ

したがって、エラグ酸は、以前に実証されたよりも幅広い健康上の利点を提供する可能性があります。したがって、多くの研究は、肥満関連の健康状態に対してそのような果物やナッツを摂取することの潜在的な代謝上の利点に取り組むことを目的としています。たとえば、ラズベリーとザクロは、他の食品と比較してエラグ酸のレベルが高くなっています。サプリメントをカプセルで、可溶性粉末として、そしてエラグ酸から作られた局所用溶液として購入することもできます.

研究室の科学者はゴム手袋で着色された液体を調べます

その抗酸化効果に加えて、研究者は癌や他の病気と戦うその能力についてエラグ酸を研究しました。研究によると、エラグ酸は腫瘍細胞の成長を遅らせ、癌分子に結合してそれらを不活性にすることが示唆されています。これは、癌治療におけるマウスとラットのエラグ酸の影響の研究に役立つ可能性があります。しかし、この化合物のヒトに対する発がん性の影響はあまり研究されていません。酸はしわや炎症の治療にも効果的です.

エラグ酸効果に使用

ラズベリーの天然抗がん製品におけるエラギタンニンの健康的な栄養と利点

初期の研究では、エラグ酸を12週間服用すると、太りすぎの男性の精神機能とIQが改善されることが示されています。ただし、これらの結果は、通常の体重の男性では見られません。皮膚の黒ずみや変色(色素沈着過剰)も、エラグ酸が効果的であることが示されている状態です。エラグ酸をサリチル酸と組み合わせて顔に12週間使用すると、これらの物質はダークスポットのサイズと数を減らすことができました。したがって、これはハイドロキノンと同様に機能するようです。しかし、ハイドロキノンの使用は肌のハリに良い効果があるようです。エラグ酸を顔に塗ると、茶色の斑点(肝斑)を明るくすることもできます。これは処方箋ライトニング剤と同様に機能するようです.

エラグ酸抗肝斑効果などの微量栄養素による皮膚の治療

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、子宮頸がんのリスクが高いことに関連しています。研究によると、エラグ酸とグラビオラを6か月間服用すると、HPVに対する抗ウイルス作用があることが示唆されています。これはまた、前癌病変が女性で悪化するのを防ぐことができます。前立腺癌の化学療法中にエラグ酸を服用することも、癌治療の副作用を減らすことができます。しかし、それは腫瘍を減らしたり、生存率を改善したりするようには見えません。これらの用途に対するエラグ酸の有効性を評価するには、さらなる証拠が必要です。.

副作用と投与量は可能ですか?

エラグ酸を含むザクロ抽出物は、色素沈着過剰で肌を治療し、肌を明るくします

エラグ酸は強力な抗酸化物質であり、多くの薬効と健康上の利点に関連しています。人間に関する研究が不足しているため、既知の副作用、安全性の懸念、または治療としてのそれらの有効性を判断するための情報が不十分です。エラグ酸の効果は、短時間服用したり、皮膚に塗布したりすると安全な場合があります。しかし、医療専門家は長期的な影響について十分に知りません。妊娠中および授乳中は、特別な予防措置と警告があります。この期間中は安全を確保し、使用を避けることが最善です.

ナッツとラズベリーは、ガンと肥満にエラグ酸の効果があります

エラグ酸の適切な投与量は、個人の年齢、健康状態、その他のさまざまな状態など、さまざまな要因によって異なります。現在、エラグ酸の適切な用量を決定するには科学的情報が不十分です。ただし、天然物は常に安全であるとは限らず、その投与量が重要になる可能性があることにも注意してください。使用する前に、必ず適切なパッケージの指示に従い、薬剤師、医師、または他の医療専門家に相談してください.

About the author