シートマスクによるフェイシャルケア-美容トレンドについて知る必要があるすべて

フェイシャルケアシートマスククリーンフェイスケア肌

私たちはおそらく、美容のトレンドを知っているでしょう-一度だけ使用してから捨てることができる紙のマスク。しかし、実際にシートマスクを使ったフェイシャルケアが含まれているのは、それが本当に効果的であり、新しい化粧品の驚異はどこから来て、どのように最大の効果を発揮できるのかということです。私たちはこれらの質問や他の多くの質問に答えようとします。健康的な美容ルーチンに必要なすべてを見つけて、迅速な結果を楽しみにしています。高品質のシートマスクを認識し、お肌のタイプに最適なマスクを見つける方法を学びます.

シートマスクによるフェイシャルケア-美容トレンドは韓国から来ています

フェイスケアシートはアジアの戦闘肌の赤みをマスクします

当然のことながら、新しい美容トレンドはアジアから来ています。韓国では、美しさの理想は明確な顔色と密接に関連しています。そこでは、シートマスクは長い間最も人気のあるスキンケア製品の1つでした。しかし、実際にこの用語の背後にあるものと、シートマスクが通常のフェイスマスクよりも効果的であると思われる理由?

フェイシャルケア、シートマスクの緩め、肌への塗布

いわゆるシートマスクは、目、口、鼻に開口部があるサイズにカットされた布として販売されています。それらは高濃度の有効成分(酵素、植物抽出物など)に浸されています。それらが何を含んでいるかに応じて、それらは水分を加え、抗炎症し、そして皮膚の赤みを治療することができます。そしてすぐに。いずれにせよ、クレンジング製品としては適さず、ピーリングマスクのディープクレンジングに取って代わることはできません。たくさんの商品が市場に出回っているので、誰もが自分の肌のタイプやニーズに応じて適切な商品を選ぶことができます.

シートマスクを使ったフェイシャルケアを段階的に説明

シートマスクでフェイスケアを適用するヒント利点

マスクを正しく適用する方法:

  • クレンジングフォームで顔を完全に洗います。湿った肌に円を描くように優しくマッサージし、ぬるま湯で洗い流します。必要に応じて、いわゆるTゾーン(額、鼻、あご)にトナーを塗ります。肌を乾かします。このように、シートマスクの有効成分はより簡単に浸透することができます.
  • ほとんどのマスクは粘着性があるので、(あなたが思っているよりも)多くの努力を期待してください。マスクが滑ったりくっついたりしないように時間をかけてください。.

フェイシャルケアシートマスクがすべての肌タイプに潤いを与えます

  • 正しい使用のためにメーカーの指示に厳密に従ってください-20分以上フェイスマスクをつけたままにしないでください、一晩シートマスクを着用しないでください。ほとんどの化粧品会社は、マスクを約15分間機能させることを推奨しています。この時間は完全に十分であり、最初の結果はすぐに表示されるはずです.
  • 使用後はシートマスクを捨ててください.

フェイスケアクロスマスクを自分で作る指示

  • マスクを外した後は顔を洗わないでください。それでも顔がベタベタしている場合は、有効成分を肌に擦り込むことができます。顔のべたつきがなくなるまで、最大10〜15分かかる場合があります。全体として、初めて使用するときは少なくとも1時間は無料である必要があります.
  • マスクをつけたまま太陽の下に座らないでください。朝や日中にマスクを塗る場合は、その後日焼け止めを塗る必要があります。シートマスクを使用した直後は、肌が非常に敏感になります.

一目でシートマスクを使ったフェイシャルケアの長所と短所

フェイスケアシートマスクスキンケアアンチエイジングマスク

シートマスクを使用したフェイシャルケアには、次の利点があります。

  • とてもコンパクトで、どこへでもシートマスクを持ち運ぶことができます。.
  • 準備は必要ありません。材料をかき混ぜる必要も、ブラシを塗る必要も、マスクを洗い流す必要もありません。.

シートマスクでやさしく保湿します

  • マスクは非常によく付着し、心地よく涼しく感じます.
  • その後、肌はとても柔らかく清潔になります.

そして、ここであなたはマスクの欠点を見つけるでしょう:

フェイスケアシートマスクゴールドトレンド美容モデル

  • 最初は忍耐が必要です-マスクの粘着性のある構造が、最初にマスクを装着するのに問題がある理由です.
  • 鏡の中の見た目は慣れてきますが、アメリカではマスクのファンを一緒に撮ることができるセルフィーのトレンドもあります.
  • マスクは柔らかな肌への期待を保ちますが、定期的な使用は、さわやかな肌と毛穴の減少のために絶対に必要です.
  • 有効成分が肌に残っている場合、吸収されるまでに最大20分かかります.

自分でシートマスクを作る-シートマスクメーカー

フェイシャルケアシートマスクを自分で作るデバイス

また、自分の肌タイプに合ったマスクを見つけるのが難しい場合は、自分でシートマスクを作ることができます。プレスされた綿で作られた特別なマスクが市場で販売されていますが、オプションでシートマスクメーカーを選ぶことができます(たとえば、春にLidlから入手可能でした)。最初のバリエーションでは、材料を混ぜてマスクをコーティングします。 2番目のケースでは、デバイス内の成分を混合してから、コラーゲンタブレットを追加する必要があります。有効成分が温められ、コラーゲン錠剤が溶けて、すべてが特別な形に流れます。混合物を冷蔵庫で冷やすだけで、10〜20分後にマスクを適用できます。自家製マスクのレシピは次のとおりです。

フェイスケアシートマスクでハチミツレシピを優しく作ります

材料と準備:ホホバオイル、ザクロ油、またはアルガンオイルをボウルに3〜5滴、グリセリン1/2杯とローズウォーター1/2杯と混ぜ、綿マスクを溶液に1分間浸し、急勾配にします。 。必要に応じて、溶液をシートマスクメーカーに注ぎ、コラーゲン錠剤を追加します。次に、マスクを顔に20分間作用させます。その後、有効成分が顔に残り、円を描くように優しくマッサージします。 10分待って、外出する場合に備えて日焼け止めを塗ってください.

フェイシャルケアシートは、自然に美しい純粋な肌をマスクします

About the author