2019年のウェディングドレス:これらは新しいブライダルファッションのトレンドです!

ウェディングドレス2019の詳細色はトップトレンドをカットします

広大なフリル、3Dディテールの精巧な刺繍、巨大なチュールスカート、ステートメントスリーブ:花嫁は2019年のこれらのブライダルファッショントレンドを楽しみにしています。 2019年のウェディングドレスは、現代風にアレンジされています。透明な生地と体型を引き立てるカットが、シンプルなドレスにもエレガントなタッチを与えます。ブライダルベールは実際のカムバックを経験しており、ブライダルルックを完成させています。トップデザイナーの家はもう1つ同意します:色のアクセントや色のグラデーションのある服が完全にあります。私たちはあなたのためにトップ15のトレンドを要約しました。刺激を受けましょう!

ウェディングドレス2019:ステートメントボウ

ウェディングドレス2019ブライダルファッショントレンドステートメントベール

ステートメントボウは2019年に大きな違いをもたらしました。ガーリーなデザイン要素がかわいく見えないように、それは主にフィギュアを抱き締めるカットを備えたシンプルなミニマリストのブライダルガウンになります。カロライナエレーラ(左上)の人魚のウェディングドレスは、完璧なカットでインスピレーションを得て、ミニマリストの心をより速く鼓動させます。ひざ下のリボンでシルエットを緩め、ドレスを広げます。 Viktorと & ロルフ、非対称のワンショルダーネックラインはXXLボウのおかげで独自のものになります.

ウェディングドレス2019:アクセントとしての結び目

ウェディングドレス2019ノットフロントミニマリスト

メーガン・マークルとハリー王子の結婚式以来、見栄えの悪いウェディングドレスが復活しています。今年も、多くのデザイナーがキラキラとレースのないシンプルなウェディングドレスを着てモデルをキャットウォークに送りました。代わりに、彼らは贅沢なカットと高品質の生地に依存しています。たとえば、タフタは秋と冬に適しており、シルクは夏に着用されます。これらの生地のわずかなきらめきでさえあなたにとってあまりにも多くであるならば、あなたはシフォンに頼ることができます。シルエットがつまらないように、甘いリボンの代わりに表情豊かな結び目が登場します.

ウェディングドレス2019:長い薄手のパフスリーブ

ウェディングドレス2019ロングパフスリーブ透明

透明感のあるディテールが施された長くてボリュームのあるパフスリーブは、今年のトレンドです。バロック時代のカットは、一部のデザイナーによって現代的な方法で解釈されています。オーガンザ、チュール、レースなどの軽い生地がカジュアルな印象を与え、エンパイアカットがレトロな雰囲気をデザインに加えています。真珠で刺された生地は特にエレガントに見えます(右上)。しかし、劇的な効果を達成したい場合は、チュールで作られたハイネックの襟付きのブライダルガウンを選択してください。絶対的なクラシックは、衣装に洗練されたタッチを与えます。 Aラインカットは非常にエレガントに見え、最高レベルの快適さを保証します.

ウェディングドレス2019:フリル付きカルメンネックライン

ウェディングドレス2019カルメンネックラインフリル

根深いカルメンネックラインは肩を自由に保ち、同時に劈開を強調します。ブライダルハウステンパリーロンドンはそれがどのように行われるかを示しています(左上の写真):あなたのウェディングドレスの袖はチュールで作られた手の込んだフリルで印象的で、ハート型のネックラインはディズニープリンセスのドレスを彷彿とさせます。細くてゆるく落ちてくるレースで覆われた下部は、自由奔放に生きる雰囲気をデザインに取り入れています。正司正の2番目のモデル(右)は、2つのトレンドを1つに組み合わせたものです。フリルの袖とアンダースカートは、クラシックなAラインのウェディングドレスのロマンチックな解釈を与えます。きらめく未来的な金属板がブライダルガウン全体に広がり、アクセントを設定します。ちなみに、カルメンのネックラインには別の決定的な利点があります。それは、さまざまなネックレスや、レース、スカーフ、ボレロ、ブライダルベールで作られたチョーカーと調和します。.

ウェディングドレス2019:豪華なボールガウン

ウェディングドレス2019ウエディングドレストレンド広く配置されたスカート

豪華なプリンセスドレスは腰まで抱きしめ、ペチコートはボリュームがあり幅が広いです。カットが退屈に見えないように、いくつかのトリックが助けになります。一部のデザイナーは、高品質のレースに依存し、数多くの輝くスワロフスキーストーンとパールで作品を飾ります。他の人はボールガウンを再定義しようとしています。非対称のグラデーションは、ブライダルガウンにモダンなタッチを与えます。ネックラインに関しては、ハートの形が今でも人気があります。オーガンザからチュール、レース、タフタまで、幅広い素材の選択肢があらゆるスタイルに適合し、すべての花嫁が正しいものを見つけることができることを保証します.

ウェディングドレス2019:非対称ネックライン

ウェディングドレス2019非対称ネックラインフリーショルダー

非対称のネックラインは、今シーズン、ミニマリストのウェディングドレスを新しいレベルに引き上げます。他のデコルテが女性らしく見えることはほとんどありません。ファッションハウスは、ネックラインが完璧にフィットする2つのカットを提示しました。下向きに流れるスリムでシンプルなウェディングドレスは、非常にエレガントに見えます。シフォンやオーガンザのような少し落ちてくる生地がデザインにぴったりです。さらに、イヤリングが着用されているので、他のアクセサリーは避けてください.

ウェディングドレス2019チュールスカート非対称ネックラインオフショルダーボールガウン

セカンドカットは、プリンセスドレスが欲しい人のためのものです。クラシックなボールガウンは、幅広のフレアスカートとスパンコールの刺繍が施されたトップが特徴です。サテンで作られたタイトなトップと組み合わせた非常に広くて豪華なスカートは、望ましい劇的な効果を達成します。全体として、ボールガウンはレストラン、城、ボールルームでの豪華なお祝いに適しています.

ウェディングドレス2019:カレネックライン

ウェディングドレス2019カレネックラインデザイントレンドブライダルファッション

カレのカットアウトは今年のキャットウォークでセンセーションを巻き起こし、冬の最大のトレンドの1つにうまく潜入しました。彼らはルネッサンスのローブに触発され、ボールガウンだけでなく、スリムなドレスやAラインのシルエットをうまく飾ることができます。寒い季節には、オフショルダーのデザインに取って代わり、見た目を騙します。角のあるカットアウトには、もう1つの決定的な利点があります。フェミニンに見え、デコルテを微妙に強調することができます。左上:レースだけで作られたドレスは、フォーマルな角のあるネックラインとバランスが取れています。右上:幅広のストラップが付いたスクエアネックラインのモダンなストラップレスの解釈.

ブライダルウェア2019:エクストラロングスリーブ

ウェディングドレス2019特大スリーブドラマチックVネック

四角いネックラインやケープのような超長袖は、過去から着想を得ています。この場合、それらは中世の貴族の衣服から引き継がれています。当時、袖の形はステータスシンボルでした。女性は長くて幅の広い袖のローブを着ていましたが、下層階級の女性は狭い袖のドレスを着ていました。現代の変種も豪華さに依存しています。ウェディングドレスは、軽くて透明な生地でできており、真珠とクリスタルが豊富に刺繍されています。詳細なレースが仕上げを追加し、ブライダルガウンを本物の芸術作品に変えます.

ブライダルファッション2019:ブライダルローブを切り取る

ブライダルファッション2019カットアウトドレス官能的なモダン

過去数年間で、カットアウトは本当のファッションステートメントになりました。これにより、デコルテ、背中、そしてほとんどの場合、腰を官能的な方法で上演することができます。同時に、砂時計の形を微妙に強調し、エレガントな外観を想起させます。今年、正方形のカットアウトは非常に人気があります:それらは結婚式の衣装を洗練された大人のように見せます。一部のデザイナーは薄手の生地とレースで見た目を騙します.

2019年ウェディングドレス:クロップトップ付きツーピース

ウェディングドレス2019クロップドトップツーピーススカートボディス

クロップトップは5年前から復活を遂げています。 2019年には、彼らはブライダルの世界にも潜入しました。腹を立てずに老後を過ごして「はい」と言うことではありません。 90年代とは対照的に、トップスは現在、ウエストバンドの高いスカートと一緒に着用されています。花嫁は肌があまり見えず、快適で、同時に自由に動くことができます。クロップトップが滑らないように、シルクなどの硬い生地で作られています。トップの長さは大きく異なる可能性があり、あなた自身の好みに合わせることができます.

ウェディングドレス2019警官トップウェアツーピースセット

ちなみに、クロップトップはほとんどすべてのスカートでスタイリングできます。今年はボリュームたっぷりのワイドスカートが特に人気です。精巧にドレープされ、グラデーションや羽で飾られています。贅沢な作品でさえ、シンプルなクロップトップとよく合います。これを行うことを選択した花嫁は、宝石やブライダルベールを避け、メイクアップを最小限に抑える必要があります.

ブライダルウェア2019:冬のフェイクファーの襟

ウェディングドレス2019フェイクファーの襟の冬のドレス

結婚式が秋または冬に行われる場合、ドレスはあなたを暖かく保つ必要があります。フェイクファーのボレロは、衣装を締めくくると同時に花嫁を暖かく保つことができます。一部のデザイナーはさらに一歩進んで、フェイクファーで作られた襟でウェディングドレスを飾りました。おとぎ話の服は、ほとんど独占的にクリスタル付きの高価なオートクチュールのボールガウンです。だから、見た目を試してみたいなら、ウェディングドレスを縫ってもらうことができます.

ウェディングドレス2019:カラフルな刺繡

ウェディングドレス2019カラフルな刺繡トレンド

モノクロではありません:今年のブライダルガウンはカラフルで陽気です。オーガンザに刺繡されているかシフォンに押されているか:モチーフは主に自然からインスピレーションを得ています。花や植物は、シンプルなカットに特別なセンスを加えます。エキゾチックな島で結婚式を祝う場合は、サンゴや海藻でドレスを飾ることもできます。キアラフェラーニのようなトレンドセッターは、結婚式の日付、お気に入りの曲のテキスト、カップルにとって特に重要な場所の絵など、独自のモチーフでブライダルガウンを刺繍しています。もちろん、それ以外の場合、ドレスはできるだけシンプルに保つ必要があります。専門家はスリムなカットと風通しの良い生地をお勧めします.

ウェディングドレス2019:3D刺繡

ウェディングドレス20193D花柄

今年は細部がすべてです。デザイナーデュオViktor&Rolfはそれがどのように行われるかを示し、彼の最後のコレクションで3Dプリントでアクセントを設定します。花の用途は、オーガンザ、タフタ、シルクで特に快適で、上部と下部の両方を飾ることができます。大都会での結婚式を祝う現代の花嫁のためだけのもの.

ブライダルファッショントレンド2019:20年代からの魅力

ウェディングドレス2019キラキラ20年代レトロタッチ

きらめく生地、フリルとフリンジ、7/8の長さ、流れるようなスカート:20年代のシックなトレンドがぴったりです。ヴィンテージのキラキラドレスは歌姫の魅力を称え、同時にガーリーでチャーミングに見えます。夏に結婚式を祝い、夜をダンスで締めくくりたい方にぴったりです。 Aラインは最高レベルの快適さを約束し、花嫁が自由に動くことを可能にするからです。スパンコールとクリスタルがブライダルローブに必要な贅沢を与えます.

ウェディングドレス2019:ケープローブ

ウェディングドレス2019ケープブライダルガウンマーメイドボールガウン

グウィネス・パルトロウがデザイナーのトム・フォードによって白いケープドレスを着てレッドカーペットに登場して以来、この服はファッション界で絶大な人気を誇っています。今年、多くのブライダルファッションデザイナーがモデルの肩にケープを付けました。ケープはもはや衣装への機能的な追加ではなく、アクセサリーとして機能します。この場合、彼らはブライダルベールを交換し、ファッションステートメントを作成します.

ウェディングドレス2019ケープレッドカラーアクセントシャンパンドレス

しかし、ケープも短く、ボレロをうまく置き換えることができます。色のアクセントを追加したい場合は、赤またはバラのケープを選択できます。シャンパンのウェディングドレスと一緒に、それは楽しい結婚式の日の衣装を形成します。オプションで、ケープはドレスと同じ生地またはレースで作ることができます。トップは結婚式中に後部座席に座り、必要に応じてレストランで外​​すことができます。花嫁はフォーマルとカジュアルの2つのバージョンのドレスを持っています.

ブライダルベール:アクセサリーが贅沢になります

ウェディングドレスアクセサリーベールトレンド

ブライダルベールは伝統的に、花嫁が結婚式の日に着用する最も人気のあるロマンチックなアクセサリーの1つです。それはブライダルルックを完成させ、衣装に最後の仕上げを追加します。それは決してドレスと競争しているわけではありませんが、それを引き立てます。最終結果としては、全体的なコンセプトに従って選択され、ドレスと色が調整されていることが重要です。デザインの面では、ブライダルベールは今年これまで以上に用途が広く贅沢です。いわゆる鳥かごのデザインは、顔の上に着用するのではなく、帽子のように着用します。長さ80cmまでの伝統的なブライダルベールチークは、フリンジで飾られています。足元まで届くワルツベールには、3Dの花がふんだんに刺されています。英国王室に着想を得て、魅惑的な頭飾りで終わります。スペイン語の変種であるマンティラは、自由奔放に生きる外観が好きな花嫁にも非常に人気があります.

ブライダルベール2019トレンドは珍しい

何年にもわたって、ブライダルファッションはファッション界で最も重要な産業の1つに発展しました。また今年は、有名なファッションハウスがコレクション全体をウェディングファッションのみに捧げました。モダンなウェディングドレスは、体型を引き立たせ、高品質のテキスタイルで作られ、その贅沢なカットが印象的です。 3Dアプリケーション、カットアウト、フリル、フリンジがファッションステートメントになっています.

About the author