花婿付け添人のための服-スタイリングのヒントと服のアイデア

花婿付け添人のための服-衣装-スタイリング-結婚式-友達-幸せ

花婿付け添人は、結婚式でブライダルカップルのそばに立ち、精神的および道徳的に共存しています。遅くともウェディングドレスと花婿のスーツを購入した後、疑問が生じます:花嫁と花婿の隣の完璧な外観はどのように見えますか?花婿付け添人の服はもちろん結婚式のスタイルに合っていて、他のゲストから目立つ必要がありますが、前景にあるべきではありません.

花婿の付添人の服は新郎新婦と一致する必要があります

花婿付け添人のための服-衣装-スタイリング-茶色-色-アイデア

式典や写真では、新郎新婦の隣に花婿の付添人が登場するので、結婚式のスタイルや新郎新婦の衣装と一致しているのは理にかなっています。それが教会の結婚式であろうと民事婚であろうと、それも非常に重要です。礼儀正しく結婚する花嫁は、たいてい自分でシンプルなドレスを着ています。メイド・オブ・オナーの衣装はそれに応じたものでなければなりません。花婿の付添人は、新郎新婦よりも良い服装をしてはいけません。特に男性の花婿付け添人の場合、花婿と間違われるリスクがあるため、難しい場合があります。結婚式のお祝いに特定のモットーがある場合は、これも考慮に入れる必要があります。それ以外の場合、結婚式のドレスコードはスタイリッシュです.

花婿付け添人のための服:ノーゴー

花婿付け添人のための服-衣装-スタイリング-赤-色-ネクタイ-ドレス

花婿の付添人のための服を選ぶときの最初のそして最も重要なスタイリングルールは次のとおりです:花嫁と花婿を決して輝かせないでください。花嫁/花婿がそのようにそれを望まない限り、非常に派手で白い服はタブーです。肌が多すぎるドレス(メイド・オブ・オナー)は、厳粛で深刻な場面ではうまくいきません。ドレスやスーツを履いたスポーツシューズは間違いありません。女性にとってもう一つの行き詰まりは黒い色ですが、それは男性には当てはまりません。ネクタイを選ぶときは特に注意し、クリームやシルバーなどのクラシックな色合いを好む必要があります。理想的には、将来の花嫁は、結婚式の衣装を購入するときに、メイド・オブ・オナーまたは新郎に同行します.

ズンバの服-あなたと一緒に動くカラフルなフィットネス服

女性のためのズンバの服は、色を使用する勇気を示しています-20の衣装のアイデア

説明書付きの古いTシャツからの9つのアップサイクリング服のアイデア

メイド・オブ・オナーの衣装

衣類-花婿付け添人-衣装-スタイリング-メイドオブオナー-テイラー-スウィフト

ほとんどの場合、花嫁は彼女の親友または姉妹をメイド・オブ・オナーに選びます。なぜなら、その人は常に彼女の人生で大きな役割を果たしてきたからです。この特別な関係は、スタイリングを成功させることによっても提示できます。衣装はウェディングドレスや結婚式のスタイルに合っていますが、着用者と花嫁の両方を喜ばせる必要があります。ドレスは必須ではなく、衣装は2つの部分またはズボンのスーツにすることができます。ただし、スーツの場合、服がビジネスライクに見えすぎて、ウェディングドレスのロマンチックな明るさと強く対照的であるリスクがあります。.

メイドオブオナーとブライドメイド:適切なドレスを選ぶ

衣類-花婿付け添人-衣装-スタイリング-花嫁介添人-メイドオブオナー-パステルカラー

メイド・オブ・オナーは「最高の」花嫁介添人と見なされており、道徳に加えて、彼女は結婚証明書に署名することによって法的機能も持っています。花嫁介添人もいるなら、メイド・オブ・オナーの衣装が目立つはずですが、同時に何か共通点があります。通常、花嫁は装飾やフラワーアレンジメントの色を選択し、同じ色が花嫁介添人や花婿付け添人の服にも決定的です。白と黒は除く.

メイドオブオナーとブライドメイドの衣装:色

衣類-花婿付け添人-衣装-スタイリング-花嫁介添人-ブライダルブーケ-ソフトピンク

色は、メイド・オブ・オナーの衣装だけでなく、花嫁介添人のドレスの選択にも重要な役割を果たします。ここでは常に明るく陽気な色をお勧めします:サーモン、レモンイエロー、ラベンダー、ピスタチオ、ライトブルー、ミント、ローズ、ペールピンクなど。強い色もオプションです。花嫁は最終的に決定しますが、おそらく彼女は花婿付け添人にどの色が似合うかを検討する必要があります。 1つの色だけを選択する代わりに、たとえば「パステル」などの配色を定義でき、メイドオブオナーとブライドメイドはさまざまなニュアンスから選択できます。花嫁は、すべての色がブライダルブーケに含まれていることを確認する必要があります.

メイドオブオナーとブライドメイドの衣装:カット

洋服-花婿付け添人-衣装-スタイリング-メイドオブオナー-パステルカラー

花嫁介添人には2つのバリエーションがあります。すべて同じドレスを着て、おそらく短いか長いかを問わず、または各人が結婚式の配色に一致する異なるモデルを選択します。 2番目のバリエーションでは、すべての女性が自分の体型を引き立たせ、快適に感じるカットを選択するオプションがあります。シフトドレスは常に良い選択です。柔らかなパステルカラーまたはダークブルーのこの膝丈のカットは時代を超越し、ビジネスミーティングを含むあらゆる機会に適しています.

衣類-花婿付け添人-衣装-スタイリング-花嫁介添人-ドレス-グレー

花嫁が彼女の大切な日に豪華なウェディングドレスを着ている場合、名誉のメイドの衣装ももう少し手の込んだものになる可能性があります。シンプルなシルエットのフロア丈ドレスやレースのディテールが施されたミディドレスは、常に最新でとてもエレガントです。パンツスーツやオーバーオールも、あまりくすんでいない場合や、逆に、図を強調しすぎている場合はオプションです。天候が新鮮すぎて半袖にならない場合は、おそろいのブレザーや繊細なカーディガンを着用できます。さらに、かかとが高すぎないポンプは常に見栄えがします.

男性の花婿付け添人のための服

衣類-最高の男性-衣装-スタイリング-最高の男性-ブライダルリーダー

男性の花婿付け添人の役割は非常に重要です。彼は結婚指輪を身につけるだけでなく、独身最後のパーティーを企画し、式典全体を通して新郎に同行し、世話をします。男性の花婿付け添人の服に関しては、選択ははるかに簡単ですが、簡単ではありません。ほとんどの場合、2人の男性のスーツが互いに一致していれば十分です。彼らは均一なネクタイやシャツで表示することができます。結婚式のゲストから目立つ良い例は、新郎と最高の男が同じような結婚式のベストやピンを着ているときです.

洋服-花婿付け添人-衣装-スタイリング-スーツ-ベージュ-蝶ネクタイ

何よりも、最高の男が新郎よりもシックな服を着ていないことが重要です。新郎が燕尾服を決めた場合、最高の男はタキシードを着ることができます。色を選ぶときは、黒や白を避けることも重要です.

花婿付け添人の衣装の代金は誰が支払うのか?

服-花婿付け添人-衣装-スタイリング-メイドオブオナー-ブライドメイド-ビーチウェディング

アメリカでは、花婿の付添人が自分で服の代金を払っていますが、特に新郎新婦に特別な要件がある場合は、誰もが新しいドレスやスーツを買う余裕があるわけではありません。あなたは間違いなくあなたの財政状況について話すべきです。おそらく、コストは双方の間で分担することができます。新しい服の購入が問題外の場合は、おそらく誰もがクローゼットの中に持っている普遍的な色を選択する必要があります。カラーコーディネートされたアクセサリーでも同様の効果が得られます.

花婿の付添人のための服:花嫁と花婿は選択のために甘やかされています

衣類-花婿付け添人-衣装-スタイリング-白-ブライダルカップル-結婚式

花婿の付添人が結婚式に何を着るかは、多かれ少なかれ花嫁と花婿によって決定されます。結局のところ、それは彼らの大切な日であり、彼らは幸せでなければなりません。新郎新婦にとって色が特に重要な場合は、花婿付け添人がそれを実装する必要があります。花嫁とメイド・オブ・オナー、花婿と最高の男は一緒に買い物に行くことさえできます。最終的に、彼らは外観に同意し、結婚式の後に衣装を着ることができなければなりません.

衣類-花婿付け添人-衣装-スタイリング-色-ガソリングリーン

About the author