パステルカラーの壁の色で暮らす-リビングエリアの色の傾向

パステルカラーの壁の色-bright-combine-blue-pink-upholstery

パステルカラーは現在、ファッションやデザイン業界で非常に人気があります。カラートレンドはニュートラルと目を引く中間に位置し、スタイリッシュな外観のための完璧な妥協点です. パステルカラーの壁の色 魅力的に見えますが、強いトーンほど大胆ではなく、従来の白に代わる素晴らしい選択肢を提供します。彼らはどんな部屋にも非常に適しており、居心地の良い、モダンな雰囲気を作り出します.

シックなパステルカラーの壁の色と柔らかなニュアンスの家具

パステルカラーの壁の色-ブラウン-グレー-室内装飾-家具-アームチェア-ソファ

パステルカラーは、白色の比率が高いのが特徴です。ホワイトと混合されたカラーパレットの各色合いは、パステルカラーになります。色の調和は、2つ以上の明確なニュアンスで同じ比率の白によって実現されます。それらは新鮮で明るく見え、気分にプラスの効果をもたらし、部屋のデザインに明るさを加えます。パステルトーンはニュートラルカラーとうまく組み合わせることができますが、互いに組み合わせることができます.

シックな生活のためのパステルカラーの壁の色

パステルカラーの壁の色-ミント-カーペット-カラフル-折衷的なピンク

トレンドはクリーム、ピンク、ベージュ、ミントグリーンです。アイスクリームの色だけでなく、パステルイエロー、繊細なベイビーブルー、ソフトブラウンの色調、そしていわゆるヌードカラーもあります。白みの少ないやや目立つニュアンスのアクセントでバラエティと動きを実現。その結果、多くの色が使用されているにもかかわらず、落ち着きのないものではなく、調和のとれた全体像が得られます.

ほこりっぽいピンクの寝室:壁の色としての色の組み合わせのアイデア & Co.

寝室のカラーデザインの生きたアイデア-12の流行の壁の色

ウォールペイントピジョンブルー-21のモダンなインテリアデザインのアイデア

パステルカラーの壁の色を組み合わせて混ぜる

パステルカラーの壁の色-組み合わせ-デコリビングルーム-スカンジナビア-黒と白

軽いニュアンスが部屋に視覚的な広がりとさわやかなノートを与えます。壁の装飾や模様が目を惹き、部屋に緊張感と奥行きをもたらします。このような大胆な部屋のデザインでは、色の選択を3色に制限するか、非常に理解しやすい要素を選択することをお勧めします。.

パステルカラーのモダンなリビングスタイル

パステルカラー-壁のデザイン-壁のパターン-ジグザグ-リビングルーム

装飾的な壁のデザインを光学的に魅力的であると同時にスペースを占有しないようにするために、選択された色は互いに調和する必要があります。パステルカラーは、この点で多くの余裕を提供し、その軽い光学効果により、あらゆる領域で想像力を働かせて使用することができます。複雑なパターンは、見た目にはそれほど風通しが良く、心地よいようには見えません。.

パステルカラーのクリエイティブで興味深いデザイン-効果的な構造

パステル-壁の色-壁のデザイン-壁の装飾-壁のパターン-リビングルーム-寄木細工の床

落ち着いた色でありながら、フレッシュで明るい色はシンプルな家具のアクセントになります。白やグレーの家具はもはや退屈に見えず、インテリアは基本的に生活スタイル自体を変えることなく生き生きと見えます。この居心地の良いと同時にモダンな雰囲気で、パステルカラーのアイデアは時代を超越している一方で、豊かな色にすぐに飽きてしまうので、あなたは幸せに長生きすることができます.

パステルカラーの装飾的な壁のデザイン

パステル-壁-色-壁-デザイン-壁-絵画-パターン-装飾-灰色

アートウォール、壁画、壁画など、壁画よりも少し広い範囲をカバーする部屋のデザインアクセントは、パステル調のニュアンスで実行すると、視覚的にますます良く認識されます。これらは基本的にあらゆるタイプの部屋に収まり、気楽に見えるために装飾やさまざまなホームテキスタイルなどの追加の手段を必要としません。あらゆる形で、軽さと落ち着きを伝えます.

パステルカラーの幾何学模様の本物の壁画 

パステル-壁-ペイント-壁-デザイン-ペイント-壁-絵画-壁-パターン-ベッドルーム

装飾的な壁のデザインとしてデザインされたパステルトーンの装飾品は、部屋をはっきりと活気づけ、個性的な外観を与えます。照明条件に応じて、色の数、強度、パターンのサイズを選択します。自然光がたっぷりと差し込むお部屋では、明るい色がいつもより明るく見え、窮屈な空間の曇りを和らげます。.

寝室の柔らかいパステルカラー-ライラック、バイオレット、アプリコット

パステル-壁-色-寝室-壁-パターン-ソフト-パステル-トーン

パステルカラーのアイデアは、すべてのエリア、すべての部屋に最適です。彼らは素敵でロマンチックな雰囲気を作り出すので、おそらく寝室で最も頻繁に使用されます。さらに、ライラック、ピンク、ローズ、サーモン、アプリコット、ライラック、パステルイエロー、レッドなどの色は、ベッドリネン、タオル、毛布、枕カバー、さまざまなテキスタイルなどの寝室のアクセサリーによく見られます。.

アクセントとしてのパステルカラー-ガソリンブルーとスタッコの要素

パステル-壁-色-青-寝室-スタッコ-ダーク-フローリング

やや濃いパステルカラーの壁の色は、光と原則としてスペースが不足していない部屋で使用することをお勧めします。天井の高いお部屋はこれにぴったりです。さらに、スタッコや幅木などの装飾的な要素は、遊び心のある装飾的なキャラクターを与え、部屋のデザインを構成します。青、紫、ラベンダー、ピンク、緑のパステル調の色合いは、落ち着きとリラクゼーションを伝えるので、このエリアに最適です。.

パステルカラーの壁の色を組み合わせる-ピンクのバリエーション

パステル-壁-色-パステル-to%cc%88ne-ピンク-ニュアンス-コンバイン-デコ

心地よいピンクがロマンチックな暖かさを放ち、周囲をフェミニンに見せてくれます。このため、寝室の若い女の子と大人の女の子の両方に非常に人気があります。幸いなことに、これを多様化する機会はたくさんあります。ベビーピンクからサーモン、モーブまで、さまざまなバリエーションを素晴らしくスタイリッシュに組み合わせることができます。布地、ホームテキスタイル、装飾品は幅広い範囲でご利用いただけます.

ガーリーなパステルカラーの壁の色-ピンク、紫、サーモン色、藤色

パステル-壁-色-ピンク-装飾-モダン-アームチェア-室内装飾-紫

部屋のデザインと同様に、ユーザーの視線を描きたいところにコントラストがあります。もちろん、これは白黒に依存することを意味するのではなく、ターゲットを絞った方法でさまざまな強さのパステルトーンを使用することを意味します。淡いピンクの壁の前の藤色に、室内装飾が施されたアームチェアを置くようなものです。このようにして、2つは独自のものになります。同じ色の組み合わせでさらに詳細が全体像を補完し、全体として表示されます.

明るいパステルカラーの壁とスカンジナビアのインテリアデザイン

パステル-壁-色-パステル-色-パステル-トーン-ミント-ピンク-スカンジナビア

パステルカラーの非常に明るいニュアンスは、白を完全に置き換えることができます。したがって、部屋のデザインは、モノクロの白い部屋とは対照的に、本物で個性的に見えます。アクアトーンは互いに見事に調和し、トーンオントーンの原理に基づいて、視覚的に非常に快適な全体像をもたらします.

モダンなキッチンのパステルカラー

パステル-壁-色-キッチン-食器棚-フロント-モダン-ミント-藤色

パステルカラーの壁の色は、衛生と清潔さが要求される部屋でも広く使用されています。キッチンやバスルームのデザインに最適です。これらのほとんどはより軽いバリエーションで使用されていますが、新しい色も試してみる必要があります-青磁とオリーブグリーン、藤色、おそらくガソリン.

パステルカラーの壁と家具を組み合わせる-木と色付きの室内装飾

パステル-壁-色-組み合わせ-ピンク-黄色-木-リビングルーム

黄色は最も日当たりの良い色であり、他の暖かい色調または緑と調和して組み合わせることができます。黄色は木の隣で見栄えがよく、バラのように広い領域に適しています。 2色を組み合わせたモダンなホームアクセサリーと合わせて、紛れもないカジュアルでハッピーな雰囲気を演出します。.

保育園の明るいパステルカラーの壁の色

パステル-壁-色-子供部屋-あちこち%cc%88hliche -farben -gru%cc%88n-壁の装飾

パステルカラーの壁の色は、陽気な部屋よりも少し静かに見え、敏感な子供の知覚に刺激的な影響を与えないため、特に子供部屋に適しています。ベースカラーとして緑の色合いを選択することをお勧めします。それ自体、緑は明らかに暖色または冷色ではありません。そのため、この2つとうまく組み合わせることができます。したがって、可変色の組み合わせは無限であり、女の子または男の子に適応させることができます.

パステルカラーの壁の色は、内側だけでなく外側でもより多くのムードを作り出します 

パステル-壁-色-ファサード-カラフル-面白い-タウンハウス-都市

パステルカラーの壁の色は内部で優勢ですが、外部でもうまく使用できます。家の正面の色付きのペンキは間違いなく勇敢な決断ですが、それは家の所有者だけでなく通行人にも良い気分をもたらします.

About the author