移行期間中の暖房:蓄熱を備えた暖炉とタイル張りのストーブの利点

暖炉またはタイル張りのストーブによる移行期の暖房利点

日中は暖かい日差しが降り、夜は霜と足が冷たくなります。これが移行期間の特徴です。多くの人が、この期間中にアパートを最適に暖房する方法を自問しています。統計によると、平均的な世帯は3月から11月までの年間暖房費の約40%を生み出しています。セントラルヒーティングは、エネルギー効率の高い方法で強い温度変動に対処できないため、実用的な追加の暖房に投資する価値があります。暖炉と蓄熱付きのタイル張りのストーブは、移行期間の暖房に最適です。彼らは居心地の良い暖かさを放射し、モダンなデザインでスコアを付けることもできます.

移行期間に追加の加熱が役立つのはなぜですか??

移行期間中のタイルストーブ追加暖房

季節間の移行段階では、大きな温度変化が一般的です。たとえば、春には毎日の気温が摂氏20度を超えることがありますが、夕方には0度から5度の間で変動します。また、気候変動により、季節が長期的に変化し、5月や6月の天候が不安定になる可能性があります。温度異常があるときに凍結を避けるために、追加の加熱は理にかなっています.

移行期間中の暖房については、専門家は完全暖房システムを使用する代わりに選択的暖房を提供することをお勧めします。絶えず上昇するエネルギー価格は、最近、暖炉とタイル張りのストーブをますます魅力的にしています。電気、石油、ガスと比較して、薪の価格はほとんど変わらず、薪から発生する輻射熱は健康に良い影響を及ぼします.

タイル張りのストーブで移行期間中の暖房

タイル張りのストーブ輻射熱による移行期間の加熱

暖房をオンにし、再びオフにするのは面倒で、多くのお金とエネルギーを浪費します。暖炉と蓄熱付きのタイル張りのストーブは経済的な代替手段です。発生した熱は貯蔵され、数時間かけて部屋に放出されます。この機能は、1日に1回だけ加熱する必要があるため、移行期間の加熱に特に役立ちます。.

このようなストーブヒーターは実用的であるだけでなく、リビングルームで目を引くこともできます。タイル張りのストーブは、心地よさと心地よさの縮図であり、あらゆる家具スタイルに適しています。たとえば、Biofireの暖炉とタイル張りのストーブは、伝統的なデザインと最新のテクノロジーが特徴で、個々の希望に応じてデザインできます。オン biofire-katalog.de 専門家のアドバイスに加えて、さまざまなBiofireタイルストーブモデルのカタログを無料で入手することもできます.

蓄熱付きの暖炉またはタイル張りのストーブの利点

移行期の暖房に最適な薪ストーブ蓄熱

過熱することなく素早く加熱する

移行期間では、速い暖かさが特に重要です。タイル張りのストーブはすぐに熱くなり、すぐに部屋に熱放射を放出します。収納量もある場合は、1日1回の加熱で十分です。放出された熱は時間遅延で放出されるため、部屋の過熱は不可能です.

快適な暖かさタイルストーブモダン

健康的な輻射熱

ほとんどの通常のラジエーターは空気を直接加熱して乾燥させるため、健康に害を及ぼします。一方、暖炉とタイル張りのストーブは、輻射熱で機能します。発生した熱線は、壁や家具など、部屋の表面や体を加熱します。輻射熱は太陽光線に似ているため、最も健康的な暖房方法と考えられています。.

移行期の環境にやさしい暖房

移行期間中に暖炉やタイルストーブで暖房を行うと、暖房費を削減できるだけでなく、有害なCO2排出量も削減できます。木材を燃やしたときに放出されるCO2は、成長段階で吸収された木と同じだけです。したがって、暖炉またはタイル張りのストーブでの暖房は、気候に中立で環境に優しいと言えます。.

移行期の暖房タイルストーブ蓄熱

個室デザイン

暖炉、タイル張りのストーブ、煙突ストーブは快適さを保証し、あらゆる施設に適応できます。ストーブの正確なサイズを決定するために、暖房された部屋の熱要件が計算されます。デザインに関しては、可能性はほぼ無限です。伝統的な外観とモダンな外観のどちらかを選択できるため、個々の希望に応じてアパートを設計できます.

About the author