カーテン生地の正しい選択をする-購入する前の10のヒント

カーテン生地の選択-パステルカラー-ニュートラル-ベージュ-オリーブグリーン

幅広いヤードグッズの中から適切なものを見つけるのは難しい カーテン生地の選択 当てはまります。ルックアンドフィール(ファブリックのルックアンドフィール)に加えて、カーテンとドレープは他の家具と調和する必要があります。これらは比較的広い領域をカバーするため、接続要素および支配的な要素と見なすことをお勧めします。もちろん、色やパターンが好きである必要がありますが、インテリアデザインを補完する必要もあります。これは簡単な作業ではないため、サポートする設計のヒントを提供します.

カーテン生地の選択-実用的な要因

カーテン生地-セレクションヤードグッズ-カラフル-カラー-カラー-パレット-素材

加工されたカーテンやドレープ、またはそれらの生地を選択する必要があるかどうかに関係なく、それらは視覚的に魅力的であるだけでなく、本当にあなたに喜びを与え、後で長い間あなたに役立つはずです。クリーニングや布地の特性など、純粋に実用的なことを考慮に入れて、数年後でも投資に見合う価値を持たせる必要があります。すべてのテキスタイルが耐変色性と耐光性を備えているわけではありません。パターンと構造は、人工光と日光、および生地が後ろから照らされている場合では完全に異なって見えます.

カーテン生地の選択-目的に応じて

カーテン生地の選択-グレー-アンスラサイト-モノクロ-高密度

何よりもまず、カーテン生地を使用する目的を検討する必要があります。部屋のプライバシー保護の必要性はありますか?部屋に望まれる日光の影響はどの程度ですか?ブラックアウト効果は対象ですか?熱効果が欲しいですか?カーテンやドレープの長さと色は、部屋の大きさに関係している必要があります。子供部屋のカーテン生地は、視覚とより関係のある他の基準を満たしています.

カーテン生地の選択-透明、不透明、熱

カーテン生地の選択-暖かい色-リビングルーム-オリーブ-グリーン-ベージュ

ただし、透明なカーテンは完全に透明ではありません。特定の照明条件下(家の外側が家の内側よりも明るい場合)、彼らは部屋の中への迷惑な視線を避ける能力を持っています。同時に、あなたは自分の外を見ることができます。不透明なカーテン生地は通常、重くて厚く、光を遮断し、集中的に暗くします。これらのタイプの生地は通常、睡眠エリアに好まれます。また、暗い部屋はより良い睡眠を促進します。サーモファブリックは、断熱効果があるだけでなく、放射太陽エネルギーを遮蔽する最新世代の繊維で作られています。冬だけでなく夏にも、この物件は特にエネルギーコストの面で高く評価されています.

カーテン生地の選択-耐変色性、耐光性、天然繊維または合成繊維

カーテン生地の選択-白-黒-パターン-花-パターン-デコ

購入する前に専門家からアドバイスを得るか、どのカーテン生地が耐変色性と耐光性であるかを自分で確認してください。直射日光は、シルクの場合など、色が著しく薄くなる原因となる可能性があります。この場合、色の濃さが長く保たれるように、中間の裏地を使用することをお勧めします。綿やリネンなどの他の天然繊維は、洗濯中に収縮し、長さの最大20%を失う可能性があります。この場合、事前洗浄は避ける必要があり、「洗浄折り目」はカーテンテープの下に縫い付けられることがよくあります.

カーテン生地の選択-クリーニングとお手入れ

カーテン生地の選択-テキスタイル-パターン-エキゾチック-装飾品-庭の商品

クリーニングと手入れのため、カーテン生地を選択する際には、洗濯機で洗えるかどうかが特に重要です。最初のバリエーションは、数メートルの布地を手で洗うのが正直なところ難しいので、主婦の仕事をはるかに簡単にします。一方、カーテンやドレープが非常に長いまたは広い場合、拭いた総重量が洗濯機の最大負荷を超える可能性があります。そのような場合、専門家による清掃はオプションです。外側の生地と裏地で構成されているカーテンの場合は、別々に洗うことができるようにそれらを取得することをお勧めします.

カーテン生地の選択-外観

カーテン生地-選択-半透明-灰色-窓枠-枕

適切なカーテンまたはプロセスの選択は、主に有限の外観に関連しています。選択したカーテン生地の効果は、光の強さによって異なります。また、自然光と人工光では色が異なって目立ちます。残念ながら、選択したカーテンファブリックを自分のアパートの窓に取り付けたときに魅力がない場合があります。そのため、同じファブリックを家に持ち帰り、どのように表示されるかをテストする価値があります。スポット.

カーテン生地の選択-パターンの有無

カーテン生地-選択-パステル-色-花柄-ロマンチック-カーペット-装飾

パターンは水平または垂直に実行され、パネル全体で繰り返されます。この特異性は、それを掛けたときに厄介な驚きがないようにするために重要です。パターンのサイズと密度も、望ましい調和のとれた外観にとって特に重要です。大きな形状や図形は、大きなウィンドウ領域に適しています。小さな装飾品は小さな窓に適していますが、互いに非常に接近して印刷するべきではありません。モノクロのカーテン生地は常に良い選択であり、すべてのウィンドウサイズに適しています.

色によるカーテン生地の選択

カーテン生地-選択-暖かい-色-オレンジ-リビングルーム-室内装飾

色は家のデザインと家具に重要な役割を果たします。クール、ウォーム、ニュートラルカラーからお選びいただけます。ブルー、パープル、ブルーグリーンなどのクールなニュアンスは、フレッシュで刺激的な効果があります。バスルームにはぴったりですが、これらの柔らかなパステルトーンは寝室にもぴったりです。黄土色の黄色、テラコッタ、赤、オリーブグリーンなどの温かみのある色が居心地の良い居心地の良い雰囲気を作り出し、リビングルームやキッチンなどの一般的な部屋で素晴らしく使用できます。ニュートラルカラーには、非カラーのブラック、ホワイト、グレーのほか、ライトブラウン、ベージュ、クリームが含まれます。それらは暖かくて冷たい隣で調和し、強烈な色の強い効果を和らげます。この意味で、彼らはどんな生活空間や雰囲気にもよく合います.

カーテン生地素材による選択-軽いカーテン生地と重いカーテン生地の特性

カーテン生地-セレクション-ウィンドウ-サイズ-リネン-コットン-ホワイト-ベッドルーム

カーテンやドレープに選ばれた素材は、最終的な視覚効果に大きな影響を与えます。この文脈では、軽い生地と重い生地が区別されます。重いものは一般的に綿、ベルベット、リネン、ダマスクを含み、主に不透明なカーテンに使用されます。床の長さと上端の深く魅力的な折り目をお勧めします。ボイルと更紗はライトカーテン生地として知られており、ゆるく簡単に集められ、必要に応じて裏地や芯地で形を整えます。.

カーテン生地の正しい選択をする

カーテン-生地-セレクション-マルチカラー-ラージ-サンプル-ヤードグッズ-黄土色イエロー

カーテン生地の選択は難しいですが、カーテンやドレープは装飾的で実用的な機能を果たします。部屋を暗くしてプライバシー保護が必要な場合は、厚手の生地を選択できます。視覚的に魅力的な効果を追求している場合は、スタイリッシュなパターンの光透明または半透明のカーテンが最適です。カーテン生地のお手入れをするときは、最初にケアラベルを調べ、ラベルがない場合は常に洗濯機を「コールド」に設定することをお勧めします。.

パターンのないマルチカラーのカーテン生地-色のグラデーションとオンブル効果

カーテン生地-選択-色-オンブル効果-白-青

カーテン生地を組み合わせる-モノクロとパターン

カーテン生地-セレクション-コールド-パステル-カラー-ベッドルーム-ニュートラル

寝室用のカーテン生地の選択  

カーテン生地-セレクション-ベッドルーム-ホワイト-パターン-ファイン

子供部屋用のカーテン生地の選択-カラフルで雰囲気のある

カーテン生地-セレクション-子供部屋-カラフル-女の子-デコレーション-デザイン

モダンなキッチン用のカーテン生地の選択

カーテン生地-セレクション-モダン-キッチン-ミニマリスト-リビングスタイル

研究のための不透明で暗いカーテン

カーテン-生地-選択-黒-不透明-研究-チューリップ-テーブル

ガーディンを送る魅力的な方法で生地を提示する

カーテン生地-選択-シック-ゴールド-効果-半透明-パターン

生活スタイルに応じたカーテン生地の選択-ヴィンテージとカントリーハウス

カーテン生地-選択-ヴィンテージ-クリーム-白-厚板床壁クラッディング

About the author