睡眠不足と倦怠感-兆候を認識し、効果的に修正します

睡眠不足と倦怠感の健康回復のヒント

すべての睡眠が同じというわけではありません。過去数十年にわたって、体の回復を中心に研究の大規模な分野が発展してきました。なぜなら、欠乏によって体が著しく弱くなる可能性があることは早い段階で明らかだったからです。時間の経過とともに、新しい研究が何度も発表されました。これは、詳細が互いに矛盾することがよくありますが、コアステートメントに関しては常に同じでした。睡眠が少なすぎると、体と精神に悪影響を及ぼします!

夜の間に体はいくつかの段階を経ます。たとえば、眠りにつく過程で、脈拍、血圧、呼吸数が低下します。脳の活動も変化します。これは最初に下げられますが、夢の睡眠中に再び「目覚め」ます.

この段階はレム段階とも呼ばれ、特に目覚めに適しています。理由:この時点で、脳は目覚めている状態とほぼ同じくらい夢のために活動しています。前の段階、すなわち、簡単に眠りに落ちる段階、より深い睡眠段階、および深い睡眠は、異なる特徴によって特徴付けられる。全体として、人間は定期的に繰り返される順序で発生するいくつかのサイクルを通過します。睡眠が長ければ長いほど、体はレム段階に長くなり、深い睡眠段階に入る頻度は少なくなります。

睡眠不足と倦怠感-十分な睡眠をとることの用途は何ですか??

睡眠不足と倦怠感アスリート-筋肉-リラックス

基本的に、睡眠にはいくつかの目的があります。これまでのところ、このトピックに関するすべての調査結果が処理されているわけではありませんが、脳が睡眠を通じてその日の印象を処理していることは明らかです。ですから、精神的な回復があります。睡眠は情報を短期記憶から長期記憶に変換します。したがって、健康的な睡眠は、特に試験前などの学習プロセスにおいて最も重要です。体はまた、十分な休息の期間を通してその強さを取り戻すので、睡眠中の身体の再生も前景にあります. 記事上で この回復について詳しく説明します。アスリートはここで特に影響を受けます。ただし、基本的に負担は少ないです。より重要なのは睡眠の回復値であり、これは一方では長さによって、他方では睡眠の質によって決定されます。深い睡眠段階が長ければ長いほど、回復は良くなります。純粋に物理的な観点から、これは筋肉量だけでなく、脂肪組織、皮膚、髪の成長にも役立ちます。この理由は成長ホルモンであり、特に深い睡眠中に大量に放出されます。一方、睡眠はまた、日中の集中力を高め、免疫システムを無傷に保つのに役立ちます。体が十分な睡眠をとらない場合に何が起こり得るかはすでに明らかです。一晩中続けて頻繁に「通り抜け」、休むことを許さない人々は、不必要なリスクにさらされています。とりわけ、身体が睡眠不足に苦しんでいるために事故が発生することは秘密ではないからです。さらに、これは健康に影響を与える可能性もあります.

睡眠不足と倦怠感-倦怠感とは?

睡眠不足と倦怠感が職場の集中力を乱す

倦怠感は基本的に、体が再生する必要があることに気付いたときに開始する保護メカニズムです。人間のパフォーマンスをますます低下させるのは倦怠感です. このレキシコンの記事では 倦怠感が定義されています.

倦怠感の増加の症状

睡眠不足であることを伝えるために体が送るいくつかの症状があります。これらには、毎日発生する伝統的な兆候が含まれます。ここでは、例えば、集中力の欠如について言及する必要がありますが、高レベルの倦怠感の結果として、不快感、過敏性、または持続的な冷感も発生します。さらに、倦怠感は症状として言及することができます。ただし、これらの症状は倦怠感の増加を示すだけでなく、他の状況でも発生する可能性があることに注意してください。さらに、永続的な疲労につながる可能性のあるいくつかの内科疾患もあります。さまざまな対策や実際の健康的な睡眠にもかかわらず、永久に疲れている人は、医師の診察を受ける必要があります。一見認識できない病気にかかっている可能性があるので.

睡眠不足と倦怠感が続くことを認識する

睡眠不足と倦怠感は学習プロセスを混乱させます

しかし、従来の倦怠感と持続的な倦怠感をどのように区別しますか?睡眠不足による倦怠感と特定の病気による倦怠感をどのように区別できますか?通常、倦怠感の理由は明らかです。これは、パーティーの夜の後や泣いている赤ちゃんのために驚くことではありません。しかし、実際にはそうではないはずなのに、人々が疲れる状況もあります。これの例外は、人々が止まることなく単に働くときに起こる疲労感です。集中力の欠如とゆっくりとした動きで再び現れるこの感覚は、ほとんどの働く人々にもよく知られています。ただし、倦怠感に何らかの側面が当てはまる場合は、対応する必要があります。たとえば、倦怠感とその後の睡眠の後に活動期がない場合は、医師に相談する必要があります。体が永続的にしなやかで弾力性がない場合、病気が発生する可能性があります。倦怠感が通常の限界を超える場合は、注意が必要です。同じことが急性倦怠感にも当てはまりますが、実際には理由はありません。遅くとも日常生活に大きな影響を与える場合は、血球数で診断できる専門医の診察を受けることをお勧めします。一方、睡眠障害がある場合は、状況を別の方法で見る必要があります。この場合、倦怠感は正当な理由にまでさかのぼることができるからです。.

睡眠不足や倦怠感のリスク

睡眠不足と倦怠感健康-睡眠-休息

このウェブサイトで ぐっすり眠れないことの危険性について読者を教育します。短期間に発生するリスクと、長い眠れない期間の後に症状を引き起こす可能性のあるリスクがあります。眠れない夜を過ごした後でも、食欲は大幅に増加します。これは、健康的な食品の代わりに高カロリーの食品が消費されるという事実を特徴とする食物への渇望によってしばしば示されます。したがって、体にふさわしい休息を与え、健康的に食べることが重要です。.

品質を向上させる-これらの手順は、より良い睡眠を取り、睡眠不足と倦怠感を改善するのに役立ちます

睡眠不足と倦怠感-認識-兆候-治療-ヒント

基本的に、睡眠は簡単なトリックで改善することができます。これらはさまざまな領域に分かれています。

これらのヒントは、あなたがより健康的に眠るのに役立ちます。まず第一に、寝室のすべての邪魔な影響をオフにすることが重要です。これには、たとえばスマートフォンが含まれます。夜に鳴る携帯電話は、睡眠段階を深刻に混乱させる可能性があります。さらに、テレビやさまざまな光源などの他のデバイスも、睡眠を損なう可能性のあるオブジェクトの1つです。テレビの代わりに、静かな音楽やラジオをお勧めします。これも最初は邪魔ですが、眠りにつくことや個々のサイクルを損なうような光の影響を引き起こしません.

ダイエットも大きな役割を果たしています。重い食事をすると体が弱くなりますが、消化が忙しく、夜中に体が止まることはありません。したがって、夕方の軽食は、ぐっすりと眠るのに適しています。これには、たとえば魚が含まれます。鮭やマグロは重すぎず、ビタミンB6を含んでいるので特に適しています。物質に加えて、カルシウムも有益です。ナッツは、カリウム、タンパク質、セレンを含んでいるため、睡眠を促進する食品の1つでもあります。しかし、基本的には就寝の2時間前に食べるのは逆効果です.

さらに、ある程度の内なる平和を見つけることは有益です。せいぜい、タスクはベッドで考えて議論されないように完了する必要があります。お風呂やその他のリラックスできるアクティビティなどの一貫した儀式も、睡眠を改善するのに役立ちます.

睡眠不足や倦怠感を効果的に改善できます

睡眠不足と倦怠感の改善-ヒント-コツ

About the author