木の外観のタイル-家庭的な性格の堅牢性

成功する家具のコンセプトはすべて、天井、壁、床のデザインから始まります。壁の色と壁のクラッディングは後で簡単かつ安価に変更できますが、フローリングの選択はより長期的な投資です。木は居心地の良い雰囲気を作り出しますが、素材は水に敏感で、定期的なメンテナンスが必要で、部屋の音響にはかなり不利です。セラミックは非常に耐久性がありますが、冷たくて無菌に見えることがあります。ウッドルックのタイルは、近年成功を収めている代替品です。セラミックの堅牢性と寿命を木の家庭的な特徴と組み合わせて、手入れが簡単な表面を探しているすべての人に最適なソリューションを提供します。同時に、板や寄木細工の床の自然な魅力なしにはやりたくない。最新の製造プロセスのおかげで、多くの色、木目、構造を実現できるため、誰もが適切なデザインを見つけることができます.

木の外観のタイル-床板の代わりに手入れが簡単

NS 木の外観のタイル 特別な頑丈なセラミックでできており、最新の製造技術のおかげで、木の外観で艶をかけられています。表面は紛らわしいほど天然素材に似ていますが、同時にセラミックタイルの多くの利点を提供します。紫外線に強く、滑りにくく、太陽や霜に問題なく耐えることができます。したがって、床の敷物は、廊下やリビングエリアなどの頻繁に使用される部屋だけでなく、濡れた部屋や屋外にも最適です。たとえば、タイルを使用して、リビングルーム、キッチン、テラスの間をシームレスに移行できます。.

セラミックタイルはまた、従来の厚板の床に代わるお手入れが簡単です。膨潤せず、油で処理する必要がなく、スチームクリーナーで、つまり化学薬品を一切使用せずに洗浄できます。タイルは、木製の床板の寸法に基づいてさまざまなサイズで提供されます-これにより、さまざまな敷設技術が可能になります.

木の外観のセラミックタイル-敷設時に注意すべき点?

通常のセラミックタイルと同様に、床がまっすぐできれいであることを確認するために最初にすべきこと。その場合にのみ、敷設のタイプが決定されます。床の敷物が実際に木製の床に似るように、個々のタイルの粒子を調整することが特に重要です。敷設のタイプは、タイルがジョイント付きまたはジョイントなしで敷設されるかどうかによって異なります。基本的に、ルールが適用されます-大判タイルのある広々とした部屋と、小さいタイルのある小さな部屋-シームレスに配置されます。明るい森は部屋を大きく見せ、暗い森はアクセントを設定し、自動的に注目を集めます.

木の外観のタイルは多くの可能な用途を提供します

木の外観のセラミックタイルは、お手入れが簡単で耐久性があるだけではありません, どの部屋でも効果的に上演できます そして多くの可能な用途を提供します.

廊下の温かみのある木の色は、ゲストや家族を歓迎する居心地の良い雰囲気を作り出しています。同時に、家の住人がペットを飼っている場合、傷のつきにくい表面は特に実用的です.

タイル-木-見た目-シームレス-敷設-アイデア

新しい建物のリビングエリアでは、床板のようなタイルがキッチン、ダイニングエリア、リビングルームを視覚的に結び付けています。古い建物の暖炉のあるキャビネットでは、古典的なヘリンボーンパターンで配置されたタイルがインテリアに仕上げを加えています.

バスルームでは、木のように見えるタイルが魅力的な木目でスコアを付け、天然石の洗面台との刺激的なコントラストを作り出すことができます。天然素材がリラックスした雰囲気を醸し出す風水デザインは、現在特に人気があります.

About the author