ホームオフィスの部屋のデザイン-12の賢いアイデア

ホームオフィスの部屋のデザイン-ideen-pop-art-walldecoration-floorboard

自宅で仕事をする場合は、安心して安心して仕事ができるオフィスが必要です。適切な家具がこれに貢献するだけでなく、色、素材、アクセサリーの適切な選択によって決定される全体的な雰囲気も貢献します。そのためのアイデアの選択をお見せします ホームオフィスの部屋のデザイン 家具のインスピレーションとして使用できる自宅で.

1. 部屋のデザイン 木がたくさんあるホームオフィスの

ホームオフィスのアイデアの部屋のデザイン-オープンシェルフ-収納ボックス

写真のホームオフィスはスカンジナビア風に装飾されています。これは、シンプルでありながらユニークなスタイルの木製家具の使用が特徴です。床も木でできており、白い壁のために他の方法では利用できない特定の暖かさをオフィスに与えます。短い休憩用のソファもあります。そこでは、時々伸ばしてリラックスすることができます。このホームオフィスルームのデザインで色のアクセントが作成されます カラフルな写真のおかげで再び.

2.1人用のホームオフィスの部屋のデザイン 小さな スペース

room-design-home-office-ideas-small-room-corner-desk

狭いエリアもホームオフィスとして最適です。そのために使用する ホームオフィスの部屋のデザイン この例の場合のように、単にカスタムメイドの家具。コーナーは、棚にファイルやフォルダを収納するのに十分なスペースを確保するために特別に作られたデスクに使用されます.

3.ダイナミクス

room-design-home-office-ideas-white-shelves-storage-boxes

このホームオフィスは、主に白い色にもかかわらず、ダイナミックで活気に満ちています。その理由は、すべての重要な道具を保管するために使用されるボックスと、そこに巧みに追加されたオレンジ色のアクセントが付いたオープンシェルフです。もう1つの目を引くのは、もちろんオレンジ色の壁です。これは、さまざまな壁紙のコラージュです。それは素晴らしい効果的なアイデアだと思います.

4.オフィスのモダンなスタイル

ホームオフィスの部屋のデザイン-アイデア-本棚-ガラスの前面

ホームオフィスのこのモダンな部屋のデザインはとてもきれいに見えます。これは、とりわけ、無数の本が完璧に配置された透明な棚によるものです。リラックスしたり、お客様をお迎えするエリアもあります。このオフィスの大きな利点は、明らかに長い窓の正面です。天気が良いときにスライドして開くことができます。バッテリーを充電するために、間に新鮮な空気を入れてください.

5.シンプルな家具

部屋-デザイン-ホーム-オフィス-アイデア-モダン-オフィス-家具-木材

オフィスには必要な家具しかありません。このように、ホームオフィスの部屋のデザインはあまり混雑して混沌としているようには見えません。大きな食器棚とガラス扉付きの印象的なコーナーシェルフがあり、フォルダをすぐに手に入れることができます。机の作業面が広いので、作業の邪魔になりません。.

6.ペアで作業する

部屋-デザイン-ホーム-オフィス-アイデア-二人

あなたのホームオフィスを誰かと共有する必要がありますか?この場合も彼らのための素晴らしいアイデアがあるので、これはまったく問題ではありません ホームオフィスの部屋のデザイン. この例では、オフィスは壁全体を窓で占めています。これにより、多くの日光が確保されます。 2つのエリアは棚で視覚的に分離されているため、誰もが自分の職場を知ることができます.

7.木のデザイン

ホームオフィスの部屋のデザイン-アイデア-木目調-ニッチな棚

このホームオフィスも2人用です。の素材として ホームオフィスの部屋のデザイン 主に暖かい木が優勢で、床の敷物や壁のクラッディング、そして机の上にあります。作り付けの棚とその下の食器棚は収納スペースを提供します。作業エリアとリビングエリアはドアで仕切られていないので、いつでもくつろげます。.

8.オフィスと図書館

room-design-home-office-ideas-library-manager

この元のオフィスには、かなり珍しい場所に図書館があります。本ははしごを通して到達することができます。のためのこのアイデア ホームオフィスの部屋のデザイン 食器棚、机、棚のための十分なスペースがない小さなオフィスで特に有利です。丸みを帯びた壁に沿って伸び、十分な作業スペースを提供する大きなデスクに使用できます。.

ホームオフィスの部屋のデザイン-インダストリアルスタイルのアイデア

About the author