机を窓の前に置くべきですか?ヒントとインテリアデザインのアイデア

窓の前の机はヒントを提供します長所短所概要

机は研究で最も重要な家具です。椅子と一緒に、テーブルは作業時に最適な快適さを提供する必要があります。正しい位置も重要な役割を果たします。最高の照明条件のために、多くの人が机を窓の前に置きます。ただし、これが研究における最適な配置であるかどうかについては議論の余地があります。この記事では、長所と短所を要約し、デスクを正しくセットアップするためのヒントを提供します.

窓の前の机-それは理想的ですか?

窓の前の机長所短所ヒント

あなたの家やオフィスに家具を置くとき、部屋のどこに個々の家具を正確に配置するかという疑問が常に生じます。ベッドやソファなどの大きな家具の場合、窓の前に置くことができる場合がよくあります。しかし、机のことはどうですか?窓のエリアはこれに適していますか?もしそうなら、可能な限り最良の解決策を見つけるために何を考慮すべきですか??

特に部屋に窓がある場合、多くの人は机をその真正面に置くことを選びます。見ているのか、窓に戻っているのかに関係なく、どちらのバリエーションにも欠点があります。これらの典型的な配置ミスには、生産性と集中力に影響を与える可能性のある影響もあります.

外の光を見ている窓の前の机

外が見えるように机を窓の前に置くと、気が散る恐れがあります。特に窓からにぎやかな通りを見下ろすと、外で起こっていることが集中力を大幅に低下させる可能性があります。さらに、窓の外を見ると、入射する日光がブラインドになり、目を痛めるため、目には悪影響を及ぼします。.

デスクをウィンドウに戻す

ただし、特にPCまたはラップトップで作業している場合は、机を窓に背を向けて配置することはさらに悪化します。太陽が画面に直接当たると、反射が発生し、目を眩ませ、目を大幅に緊張させます。結局、これは目の問題だけでなく、頭痛や倦怠感にもつながります.

デスクに最適な場所を探す

窓の前の机窓の眺めの気晴らし

作業エリアに最適な照明条件を作成する必要があります。机には十分な日光があるはずですが、まばゆいばかりの太陽の光は避けてください。それにもかかわらず、窓の近くは絶対にお勧めです。光が後ろから来たり、直接目がくらんだりしないように、机は窓の前に90度の角度で設置する必要があります。このように、迷惑な反射がなく、光は側面から来るので、最適と呼ばれます.

窓前のデスク横の最適な照明条件

光が左から来るか右から来るかは、左利きか右利きかによって大きく異なります。 1つ目は、光が右から来るように座る必要があり、2つ目は、昼光源が左から来るように座る必要があります。筆記者の手が机の表面に影を落とさないようにしてください。このルールは、特に手書きでたくさん書く人に適用されますが、PCで作業するときにも役立ちます.

机を窓の間に正しく配置する

風水の教義によると、ドアの反対側の机の位置も重要な役割を果たします。ですから、ドアに背を向けて座るべきではありませんが、それを見ることができます。そうでなければ、無意識の落ち着きのなさや緊張感が生じる可能性があります。一方、ドアに目を向けていると、仕事が落ち着きます。風水によると、机に最適な場所はドアの反対側で、ドアに面しています。そのため、部屋全体を見ることができ、すべてを管理しているような感覚を味わうことができます。.

適切な配置の利点

窓の前の机の正しい位置を見つける

机を部屋に正しく配置すると、作業プロセス全体にプラスの効果があります。職場の良好な照明条件は、快適な雰囲気を作り出し、目に優しいです。研究によると、彼らはオフィスチェアよりも快適さのためにさらに重要です.

窓の前に机があるか、ヒントを得るのに適切な場所が見つからない

あなたがオフィスで働いているか自宅で働いているかにかかわらず、あなたが職場で快適であるとき、あなたははるかにやる気と生産性が高くなります。部屋の見えるデスクの配置のおかげで、気が散ることが大幅に少なくなり、仕事の日が楽になります.

窓の前に机を置いた例

居間の窓の間に空のコーナーがある場合、それはあなたの机に最適な場所です。このためには、利用可能なスペースに完全に適合する適切なコーナーモデルを検討する必要があります。高さ調節可能なデスクは、一日中椅子に座りたくない人に最適なソリューションです.

窓の前の机ホームオフィス職場

小さなアパートで机を置くスペースを見つけるのは難しいことが多いので、十分なスペースがない場合は、窓の前に机を置くことができます。上記の例のように、窓の間に壁がある場合は、机の中央をそれに合わせる必要があります。光は画面の真後ろに来るのではなく、左右から来る.

窓の遮光ブラインドの前の机

部屋の状態によって机が窓の前にしか配置できない場合は、窓の適切な光保護を考慮すれば、外部からの気晴らしや光の反射に対処できます。たとえば、ブラインドやローラーブラインドは、部屋を完全に暗くすることなく直射日光から保護します.

デスクのその他の要件

出窓の前の机窓の光源

机を窓の前に置くか、部屋のどこかに置くかに関係なく、家具を選ぶ際に考慮すべき重要な点がいくつかあります。机は通常、リビングエリアに配置されるため、家具と一致する必要があります。デザイン、色、素材は正しく、インテリアの全体的な外観が調和していることを確認する必要があります.

要件は、デスクの位置のヒントを選択します

テーブルのサイズは、テーブルが配置されている部屋だけでなく、自分のニーズによっても異なります。作業に必要なスペースが少ない場合は、部屋のスペースを多くとる特大のデスクを選ぶべきではありません。逆もまた同様です。事務処理やその他のアイテムのためにより多くのスペースが必要な場合は、小さすぎる机を選択しないでください。最終的には、職場で快適に感じるはずです.

ホームオフィスを提供する窓の先端の前にあるモダンなデスク

窓のオフィ​​ス家具の前の机

窓の前の机は光の保護を盲目にします

小さなホームオフィスの廊下のサイドウィンドウ

窓の前の机が最適かどうか

ホームオフィスの窓の前にある省スペースデスク

窓の前の机横向きオフィス家具風水

About the author