デジタル電話システム:ホームオフィスで働くためのソリューション

誰もが有名なワークライフバランスについて話している。実際、ホームオフィスは仕事と私生活のバランスをとるための最良のツールの1つであると考えられています。特に親は、長い通勤が不要になったときに、迎えに行く時間や病気の子供をよりよく調整できることを何度も経験します。企業もホームオフィスに門戸を開いています。この点で、すべての停止は、不足している熟練労働者のための競争で引っ張られています。しかし、ホームオフィスへの移転は急いで行われることを望まない。むしろ、慎重な計画がすべてであり、最終的なものです。ホームオフィスは、作業用機器とデジタル電話システムが利用可能である場合にのみ成功することができます。.

ラップトップ、VoIP & Co:自宅からデジタルで作業する

自宅からデジタルで作業する-ラップトップ、Voip、Co

デジタル化だけが、ホームオフィスが多くのオフィスの仕事でオプションになることを可能にしました。ラップトップ、スマートフォン、タブレットはあなた自身のオフィスをモバイルにします。ドキュメント、メール、ソフトウェアはどこにでも持ち運びできます。おかげで インターネット電話 ローカルで連絡を取ることもできます。つまり、オフィスの外でビジネスコールをかけることができます。.

いわゆるVoice-over-IPテレフォニー(略してVoIP)は、ホームオフィスに移動するときに主要な役割を果たします。これはインターネット電話です。アナログ信号を使用する代わりに、電話はインターネット回線を介してファイルパッケージとして送信されます。古いISDNモデムはDSLルーターに置き換えられています。このようにして、VoIPテレフォニーは完全に新しい接続品質を保証します.

インターネット電話により、ホームオフィスへの移動が容易になります

ここでは特に独創的です ベルリンのクラウド電話システム. ローカルシステムの代わりに、企業は電話が仮想的に調整されるサーバーを使用します。これには、ホームオフィスの従業員も仕事の延長の下で連絡を取ることができるという決定的な利点があります。特にモバイルで働く従業員のために、VoIPプロバイダーはいわゆるソフトフォンを提供します。これはモバイルデバイスにインストールされ、アナログ電話に完全に取って代わるソフトウェアです。ヘッドセットの助けを借りて、従業員は自分のラップトップまたはタブレットを使用して電話をかけることができます。従業員はどこへ行っても会社の内線番号を持っていきます.

電話やビデオ会議用の仮想会議室は、自宅で作業するときに重要です

ホームオフィスでのVoIPサービスは、外部だけでなく内部のコミュニケーションにも不可欠です。多くのサービスは、さまざまなツールを1つのソフトウェアに組み合わせています。チームは、共有メッセンジャーを介して連絡を取り合い、電話またはビデオ会議に仮想会議室を使用し、仮想ファイルを介してドキュメントを相互に共有することもできます。このようにして、世界中のチームをまとめることができます.

適切なホームオフィスはどのように見えますか??

ヘッドセットとラップトップを使用して、自宅のキッチンテーブルで作業する

ただし、ホームオフィスの成功に不可欠なのは技術的な要件だけではありません。作業環境も適切でなければなりません。従業員は台所のテーブルで働くだけではいけません。代わりに、彼らは自分の職場を設置する必要があります。つまり、勤務時間中に使用できる机とオフィスチェアを設置する必要があります。一方で、これは腰痛を防ぐことができるので、健康の観点から理にかなっています。一方、私生活と仕事のリズムの変化はより信頼性が高い.

ラップトップに加えて、ラップトップのキーボードの横に外部画面と2番目のキーボードがあれば理想的です。ラップトップで長時間作業すると、作業姿勢が人間工学的要件を満たしていないため、すぐに首や背中の痛みにつながります。外部モニターとセカンドキーボードを使用すると、首と背中が安心するように職場を設計できます.

コンピューターとラップトップを使用した場合、適切なホームオフィスはどのようになりますか

十分な日光も同様に重要です。机は理想的には窓と平行でなければなりません。冬や特に雨の日には、心地よい人工照明が目をリラックスさせます。特に夕方には、スクリーンライトだけが部屋の光源であってはなりません。照明はあなた自身の目の健康だけでなく、ビデオ会議にとっても重要です。照明条件が悪いと画質が著しく損なわれます.

最後になりましたが、周囲の騒音も大きな役割を果たします。自宅で仕事をする従業員は、静かな場所に職場を設置する必要があります。このようにして、集中力を長期間維持することができます。さらに、電話や仮想会議は、干渉を受けることなく静かな場所で実行できます。大きなバックグラウンドノイズは迷惑であり、会話中に技術的な混乱を引き起こす可能性があります.

ホームオフィスでのデータセキュリティはどのように機能しますか??

ホームオフィスの組織ドキュメントの保管

自宅で会社の機密データを扱う人は、何よりも注意と秩序を行使する必要があります。重要なデータに対する最大のリスクは、水ガラスやコーヒーカップの落下です。機器の落下もデータ損失の一般的な原因です。事故が発生した場合、データの回復が役立ちます。ハードドライブやその他のストレージメディアを復元するスペシャリストが、失われたデータをバックアップします。ハードウェアが修復不可能な場合、ドキュメント、連絡先、およびメディアは、最高のデータ保護条件下で外部ストレージの場所に転送されます.

さらに、もちろん、独自のデータ保護対策を講じる必要があります。これには、ファイアウォールで保護されたインターネット接続が含まれます。さらに、機器とプログラムにはパスワードを提供する必要があります。これらは定期的に変更する必要があります.

自宅で仕事をするときは、データ保護が重要です

About the author