エネルギー効率の高い暖房:涼しい季節のための革新的な暖房のアイデア

エネルギー効率の良い暖房リビングルームのリビングのアイデア

秋が間近に迫っており、涼しい季節が始まります。次第に、夏にアウトドアを楽しんだ人々は、快適な内装のインテリアに引き戻されます。冬の青を打ち消すいくつかの革新的なアイデアで、涼しい季節をさらにリラックスして過ごすことができます-テラスの内側と外側の両方.

エネルギー効率の高い暖房:電気暖炉がリビングルームでパチパチと音を立てる瞬間を確実にします

エネルギー効率の良い暖房電気暖炉のリビングルーム

賃貸アパートに住んでいる人、または他の理由でフードや暖炉の接続がない、またはしたくない人はすべて、電気暖炉の恩恵を受けます。電気暖炉は、空間条件に理想的に適応し、すす、火、木なしで通り抜けます。それにもかかわらず、ちらつきの火は一見リアルに見え、同じものを作成します 本物の直火のような暖かさ.

立っている暖炉またはビルトイン暖炉は無害であり、実際の暖炉の直火で火傷する可能性のある訪問者や子供に潜在的なリスクをもたらしません。電気暖炉が持つ唯一の欠点は、その莫大な電力消費です。消費者誌によると 最高の電力比較, 12,000以上の電気料金を比較しているので、使用しないときは暖炉のスイッチを切ることをお勧めします。この手順は、寒い季節に不要な電気を使用しないようにするために、他の電子(充電)デバイスにもお勧めします.

革新的なピクチャーヒーターでエネルギー効率よく加熱

エネルギー効率の高い暖房赤外線画像のアイデア

ほんの数年しか経っていません モバイル赤外線ヒーター 市場でも入手可能です。通常のラジエーターとは対照的に、それらには多くの利点があります。それらは軽く、その外観のおかげで、ヒーターとしてすぐに目を引くことはありません。加熱された画像は、フレーム付きまたはフレームなしで利用でき、モデルに応じて、壁または天井への取り付けに適しています。耐久性のある発熱体は、目に見える画像の後ろにあります。このように、暖房は装飾的なイメージと融合し、リビングルームで革新的な目を引くものになります。ワット数はそれぞれのモデルによって異なります。基本的に、加熱した画像を自分で壁に取り付けることができます.

革新的な画像加熱は、部屋に熱を供給するために電気を必要とします。暖房は太陽の原理で動くので、とても環境にやさしいです。高エネルギーの赤外線は、室内の空気を温める代わりに、変換された熱として体や加熱対象物を直接通過します。このようにして、消費者は秋にエネルギー効率の高いコストを節約します.

エネルギー効率の高い暖房と照明:屋内と屋外用のきらめくフェアリーライト

エネルギー効率の良いフェアリーライトのクリスマスのヒントを照らします

フェアリーライトは、今の秋冬シーズンに欠かせないアイテムです。それらはきらめき、すべての領域に心地よい輝きを広げ、LED光源でその上に電力を節約します。多くのフェアリーライトにはプラグがありませんが、バッテリーまたは内蔵ソーラーモジュールで動作します。あるいは、家の中や周りに香りのキャンドル、ランタン、またはランタンを設置する価値があります。それらは完全に電気なしで動作し、家の周りや家の中の多くの場所に設置することができます.

家のためのキャンプファイヤーのロマンス:庭またはバルコニーの開いたまたは閉じた火のボウル

エネルギー効率の良い暖房暖炉のボウルガーデン何に注意するか

火は燃えるような情熱の象徴であり、キャンプファイヤーの周りにロマンチックな雰囲気をすばやく作り出します。ファイヤーボウルは、寒い季節に理想的なアウトドアアクセサリーです。一部のブレイザーは、丸みを帯びた開いた形状をしています。火は直接はっきりと見えます。他の変種は、火が耐火ガラスの後ろで保護されているので、より丸太の火のようなものです。可動式または恒久的に設置されたラジエーターは、さらに効果的に熱を放出します。革新的なヒートディスペンサーは、秋と冬にバルコニーまたは自分の庭でグリューワインの有無にかかわらず、ユーザーがリラックスした夜を保証します.

居心地の良い毛布と枕が寒い季節を甘くします

エネルギー効率の良い暖房居心地の良いベッドカバーカーペット

季節ごとに人気のある、ふわふわでしなやかな素材で温かみのある万能ヘルパー。私たちは、外側をシートクッションとして、内側を格子縞、プーフ、または装飾枕として使用できる暖かい毛布と枕について話しています。 2018年、楽しいトレンドの毛布と枕は分厚いニットで作られています。柔らかくて暖かい素材は、居心地の良い暖炉の前で曇り、風の強い秋の日に少しの時間と手作業で自分で作ることができます.

エネルギー効率の良い暖房暖炉のリビングルームの冬

About the author