わびさびの生活動向:日本の美学が魅力的な理由は何ですか?

わびさびリビングトレンドソファ布張りコーヒーテーブル流木

日本の新しい家具のコンセプトをご紹介します。シンプルな美学は、アジアのシンプルさへの愛情と、生きる喜びの鍵としての禅仏教の教えを組み合わせたものです。わびさびの生活トレンドは、モダンで洗練された家具の原則に基づいていると同時に、過去からのロマンチックなタッチをもたらします。この記事では、この用語の実際の背後にあるものと、自分の4つの壁で日本人の感動的なメッセージをどのように解釈できるかを明らかにします。発見の旅に出て、ささいなことの美しさを理解し、創造的な趣味のためのより多くの自由なスペースを作ることを学びましょう!それがどのように機能するかをお見せします.

わびさびの生活動向-人生観の概要

わびさびリビングトレンドリビングルームダークグリーンウォールキッチン

ヒュッゲと同様に、わびさびは明確な原則を備えた特定の家具スタイルではなく、不完全なものの美しさを前面に押し出す人生観についてのものです。完璧主義の追求はここでは主な役割を果たしません-ミニマリズムとは対照的に、本質的なものへの削減は個人の成長と想像力を促進します.

わびさびリビングトレンドリビングルームローソファ流木キッチン

「わびさび」という言葉は、日本語のわび(悲しい、一人)とさび(過去)に由来し、すべてのものの一時性を表しています。直訳はあまり刺激的ではありませんが、実際、わびさびは日本では前向きな意味を持っており、すべての不要な物から解放するという仏教の基本的な考えの不可分の一部として理解されています。機能性が最初になります。基本的には、純粋主義と同じように、日常生活で必要のないものを取り除き、部屋を片付けることが重要です。.

わびさびリビングトレンドリビングルームソファグラデーション壁鯉の像

さらに言えば、あなたが自分自身を財産から独立させた後でのみ、彼はシンプルな美学とささいなことの優雅さを認識することができます。セットアップするときでさえ、利便性は最優先事項です。完璧な完璧なインテリアをスタイリングし、対称性と調和に焦点を合わせる代わりに、日本の美学は自然な外観に魅了されます。天然素材で作られた継承された家具と購入された家具の組み合わせは、一見混沌としているように見えるかもしれません。しかし、よく調べてみると、インテリアは本物の美しさであることがわかりました.

わびさびの生活動向-基本原則

わびさびリビングトレンド寝室ハイペンダント光露出コンクリート天井板床

わびさびの生活トレンドに魅了され、自分の四つの壁にそれを実装したい人は誰でも、日本の純粋主義の基本原則を知っている必要があります。一目で最も重要なものは次のとおりです。

  • 必需品に集中してください。純粋な生活様式は、控えめに装飾された部屋が動きとエネルギーの流れのために十分な自由空間を与えると言います。視覚的な空虚さは特に魅力的です。経験則に従ってください:「少ないほど多い」。部屋のすべての家具は特定の機能を果たし、実際に日常的に使用する必要があります。美学を考えずに、本当に必要なものと、どのアイテムがあなたの生活の快適さを大幅に向上させるかを見積もります。均一な生活の概念に集中しない方が良いです-これはあなたを柔軟に保ちます.
  • わびさびの生活トレンドは、消費社会への反動として定着し、一方で自然への回帰を促進しています。インテリアデザインには天然素材がふんだんに使われていることは言うまでもなく、わびさびのインテリアには緑青の古い家具もあります。日本では、多くの家具が受け継がれ、数世代にわたって家に残っています。.

わびさびリビングトレンドリビングルーム古い陶製花瓶

  • 傷のある家具やホームアクセサリーはアクセントになり、装飾性が高く評価されています。そのため、花瓶やボウルなどを復元した自作の陶器製の器を使用することを歓迎します。ミックス.
  • ファブリック、テクスチャ、さまざまに処理された表面は、純粋なインテリアに多様性をもたらします。通常、リネン、綿、ウールだけでなく、革も問題になります。それらは、大理石、手吹きガラス、陶器、むき出しのコンクリート、そしてもちろん木と巧みに組み合わされています。材料の混合が成功すると、部屋の心地よい要素が増し、施設に構造がもたらされます.

わびさびリビングトレンドベッドルームウォークインクローゼット流木ベッドヘッドボード

  • 色に関する限り、選択はあなた自身の好み次第です。それにもかかわらず、精神はここでほとんど分けられます-ミニマリストはアクセントとして明るい木で灰色の配色を持っている傾向がありますが、純粋主義者は白、象の脚とクリームの家具を選びます。目をリラックスさせ、家庭的な性格の雰囲気を作り出すことが重要です.

わびさび生活トレンド-家具の組み合わせ

わびさびリビングトレンド魚鯉池壁画グラデーション白黒

わびさびは個性を表現することができます-あなたがそれを好きな限り何でも許されます。最も重要な家具の概要は次のとおりです。

布張りの家具:低い座席の家具は日本の文化の典型です-リビングルームでは、モジュラーソファと再生木材で作られたコーヒーテーブルが居心地の良いラウンジコーナーを作成します。居心地の良い読書コーナー(上の写真を参照)も寝室になくてはなりません。ヘッドレスト付きの布張りのアームチェアは、必要に応じていつでも部屋の位置を変えることができます。柔らかいシートクッション、リネン生地の心地よい感触、頑丈な木製構造が最高レベルの座り心地を約束します。 Da Wabi Sabiの家具は、地元の木材やスコアなどから作られ、その寿命を保証する高品質の生産が施されています。.

木製の家具:コーヒーテーブル、ダイニングテーブル、さらには洗面台でさえ、伝統的に再生木材で作られています。木の表面は密閉されていませんが、特別なオイルで処理されているだけです。こうすることで、生の外観が維持されます。魅力的な穀物は単に目を離す​​ことはできず、一見シンプルな家具のように見えるものを実際のステートメントピースに変換します.

わびさびリビングトレンドバスルームブライトビュールーフテラス

バスルームの家具:石の洗面台、セラミックのバスタブ、ガラスのシャワー室、そしてオプションで小さなキャビネットがバスルームの範囲を完成させます。大理石のタイルは、ミニマリストの外観に最適です。黒と白の配色を完成させ、バスルームの特徴を瞬時に与えます。大きな窓がバスルームに十分な光と空気を取り入れ、居心地の良い盆栽がそれを幸福のオアシスに変え、部屋に仕上げを施します.

わびさびバルコニーをデザインする

わびさびリビングトレンドバルコニーグリーンチップ盆栽

アジアのわびさびの生活スタイルもバルコニーではっきりと見ることができます-小さなフォーマットのロックガーデンは、外側のエリアに特定の何かを与えます。プランターの盆栽、苔、針葉樹が魅力的なアンサンブルを形成し、リラックスした雰囲気を作り出しています。大都会の真ん中にある小さな自然の島。仕事で長い一日を過ごした後はリラックスでき、心を落ち着かせる効果があります。.

わびさびの生活トレンド-エキサイティングな素材の組み合わせ

わびさびリビングトレンド廊下デザイン写真天然石

確かに、天然素材がわびさびの生活トレンドを構成しています。そして、退屈な理由ではありません-石、木、セラミックは、真のオールラウンダーとして存在し、フローリング、壁のクラッディング、さらには天井のデザインなど、さまざまな分野で使用されています。結局、緊張を生み出すコントラストがあります。たとえば上の写真では、未処理の石の生の外観が、カットされた花瓶の光沢と対照的です。.

わびさびリビングトレンド鯉魚絵壁寝室

わびさびでは、手織りの絨毯や革製のペンダントライトから籐細工まで、さまざまな素材や生地が使われています。新しいミックスアンドマッチのトレンドに従って組み合わせることで、さまざまなテクスチャがスタイリッシュなアンサンブルを形成し、多様性を提供します。魚、鳥、植物などの自然のモチーフがカーペットや装飾的な枕を飾り、部屋に家庭的な雰囲気を与えています。植物は生活プログラムを完了します.

わびさび生活トレンド-色

わびさびリビングトレンドキッチンピュリスティックダイニングエリアウッドペンダントライトブロックキッチン

ブラウン、ベージュ、サンドカラー、温かみのあるアイボリー、クリーム、シャンパンのニュアンスは、通常、純粋なインテリアに見られます。しかし、わびさびとは対照的に、スカンジナビアの純粋主義者のインテリアデザイナーは白に依存しており、ミニマリストの高級住宅では無煙炭の色が前面にあります。日本の美学は、温かみのある木のニュアンスとアーストーンで構成されています。明るい鳩灰色のコンクリートの壁は、黄色がかった色調の暖かいカラーパレットの完璧な背景を形成します。驚いたことに、白はインテリアにソリストとしてほとんど存在しません-これは主に日本の自然では色がほとんど見られないという事実によるものです。ブラウンは、あなたが森の真ん中に座っているという目の錯覚、石からの砂の色、つまりあなたが山にいるという錯覚を作り出します。緑、特にピンクと水色はアクセントを設定し、さもなければ抑制された配色にスパイスを効かせます.

わびさび-一目でわかる部屋のデザイン

わびさびリビングトレンド板ラミネート床板

日本では、居住スペースが限られているため、わびさびの生活スタイルは、居住者が家具の必需品に集中しなければならない小さなアパートに特に適しています。日本の居住空間は2つに分かれています。ダイニングエリア付きのキッチンとリビングルームは、いずれにせよ別々の部屋です。ゲストはダイニングルームで迎えられます-これは家族が一緒に夜を過ごす場所でもあります.

わびさびリビングトレンドキッチン無垢材オールドオプティクス

したがって、生活スタイルを決める人は誰でも、キッチンのデザインに細心の注意を払う必要があります。それは-コミュニケーションセンターとして-焦点です。フロントはほとんどハンドルがありませんが、本物の木で作られています。木には特徴的な木目があり、理想的には古くて使用されているように見える緑青です。磁器の皿、ボウル、マグカップなどのお気に入りの料理は、照らされた棚に奇妙な装飾として表示されます.

わびさびリビングトレンドマンション家具アイデア

木製の床は、ダイニングエリア付きのキッチン、リビングルーム、ベッドルームの間のシームレスな移行を作成します。日本人は通常、廊下のニッチやコーナーにワードローブを隠します。 XXLミラーは、多くの場合、壁の唯一の装飾です。最近、この傾向が定着し、現代の写真も飾られています.

わびさびリビングトレンド寝室ペンダントライト

寝室では、明らかに光が主な役割を果たしています。さまざまな光源が巧みに組み合わされ、居心地の良い雰囲気を作り出しています。モダンなダブルベッドは非常に低く、ほとんどの場合、マットレスは木製の台座に直接置かれています。最高の純粋主義.

わびさびの生活トレンドを自分の4つの壁に実装する-ヒントとコツ

わびさびリビングトレンドダブルベッドロー和風

確かに、日本の生活動向がとても魅力的に見えても、壁を石で覆うなど、誰もが大規模な改修工事を実行できるわけではなく、実行したいとも思っていません。幸いなことに、スタイルはそれほど労力をかけずに現代的な方法で解釈することができます。ここにあなたのインテリアにアジアのタッチをもたらす方法に関するいくつかのヒントがあります.

  • 掃除。わびさびの部屋は40%空です。今こそ、不要な家具、装飾品、家庭用品をすべて取り除くときです。または、機能に応じて部屋をゾーンに分割し、再設計します.
  • ソファとアームチェアをリネン生地で装飾します。高品質の生地で作られた新しい装飾で、さまざまなバリエーションをもたらします。手編みのディテールが施された綿、ウール、ベルベットで作られたカバー付きの装飾枕で飾ります。色ではなくテクスチャでアクセントを設定する.

わびさびリビングトレンドペンダントライトウッド

  • 古い高層カーペットを手織りのカーペットに交換してください.
  • 特に手吹きガラス製の陶製の花瓶やボウル、盆栽、再生木材で、非常に控えめに装飾してください。.
  • 少ないほど多い-あなたが本当に好きな家具や家庭用アクセサリーを選ぶだけです。新しいアイテムを持ち帰り続けたいという誘惑に抵抗してください.

わびさびリビングトレンドウォークインクローゼットのアイデア

  • 購入額は少なくなりますが、高品質になります-耐久性のあるテキスタイル、手作りのユニークなアイテム、そしてもちろん自家製の装飾品は、心地よい要素を高めます.
  • ニュートラルな配色は、インテリアの接続要素として機能します-これにより、家具の折衷的で混沌とした外観が少なくなります.

わびさびリビングトレンドラウンドカーペット天井照明ペンダントランプ

モダンでありながら、伝統的でシンプルでありながら非常に効果的です。これが、日本の新しいわびさびの生活トレンドを説明する方法です。純粋なコンセプトの背後には、単なる家具のスタイル以上のものがあります-それは人生に対する態度に関するものです。それにより、余分な家具やアクセサリーは意図的に省かれ、より自由な生活空間が求められます。色の代わりに、ファブリックやテキスタイルでアクセントを設定します。天然素材に焦点を当て、わびさびのインテリアを特徴づけています。その結果、居住者の性格を最もよく反映したユニークなインテリアデザインが生まれました。.

わびさびリビングトレンドアームチェアレザーラウンドカーペット手織りロープ

専門家はそれがどのように行われるかを示しています-才能のあるインテリアデザイナーで建築家のセルゲイ・マフノは、彼のわびさびの家具でセンセーションを巻き起こしました。無条件の現代性は巧みに純粋主義と組み合わされています。最終結果は、アジアンスタイルの純粋で贅沢な雰囲気に感銘を受けます!

わびさびリビングトレンドバスルーム漆喰壁暖炉バスタブ

わびさびリビングトレンドバスタブ自立

建築とインテリアデザインスタジオからのプロジェクト セルゲイ・マクノ

About the author