プロの写真撮影のための26のメイクアップのヒント

26のコレクションで メイクのコツ 写真撮影のプロとしての準備をしたいすべての女性に実践的なアドバイスを提供したいと思います。経験がほとんどないかまったくない場合でも、疑問が生じるかどうかは理解できます。すべての顔は、最適な準備とさまざまなメイクアップテクニックによって完全にモデル化できます。次に、稲妻の下に立ち、輝きを放ち、前向きな姿勢に満ちています。自然の美しさとその強みを強調したい場合は、専門家からのさまざまなメイクのヒントがたくさんあります。写真の欠陥は実際よりも多く見ることができますが、これらのヒントをうまく模倣することで、プロの自家製メイクだけでなく、実際のモデルの自信とカリスマ性も得られます。. 専門家からのメイクアップのヒントは、ポジティブなオーラから始まります 写真撮影では、メイクのコツや知識に加えて、カメラの前でモデルとして快適に過ごせることが重要です。そうでない場合、画像は不自然になり、ポーズをとっているように見えます。正しく、官能的な準備ができれば、戦いの半分になります。最良のシナリオでは、撮影当日にぐっすりと眠り、良い気分を約束に持ち込み、前向きに考えます。. 健康的で効果的な顔のためのメイクアップのヒント 鏡が常に見ることができないものは、常にカメラによって想起されます。私たちの通常の環境と動きの立体性が失われているため、あなたの顔の傷は実際よりもはるかにはっきりと見ることができます。完璧な肌はもちろんPhotoshopで想起させることもできますが、プロの写真撮影のために顔がすでに理想的に準備されている場合は、後で面倒な修正を行う必要はありません。. まず、顔の皮膚を徹底的にクレンジングします 赤みやアレルギーが発生しないように、写真撮影の前にケア製品や化粧品を試してはいけません。通常の洗顔料を使用してください。まぶたの皮膚を不必要に刺激しないように、写真撮影の1日前までは、眉毛をやさしく剥がしたり、摘んだりしないでください。. 肌をすっきりとなめらかにする必須の準備 メイクアップの成功は、お肌の徹底的な準備から始まります。メイクの前に保湿剤を塗ってください。プライマーは、均一で放射性のプライマーの基礎にもなります。乾燥肌、脂性肌、コンビネーション肌、成熟肌など、お肌のタイプに合わせてスキンケアをお選びいただけます。. メイクアップ製品に適したテクスチャと色合いを選択する メイクの色や質感も肌の色やタイプに合わせることが重要です。メイクアップ肌と素肌の間に色の違いは目立たないはずです。メイクは唇や目を含む顔全体に上向きに薄く塗り、その後エッジの周りでフェードアウトします. フォトメイクでは、首やデコルテにもメイクをします モデルは、プロの写真撮影中に頭からつま先まで完全に構成されています。これにより、あざや小静脈などの傷をカバーすることができ、肌の色を完全に統一することができます。. 顔色を均一にするメイクアップテクニック まず、額、頬骨、鼻梁、あごの4か所にファンデーションを塗ります。 Font-de-Teintは、ブラシ、メイクアップスポンジ、または指を使って、さまざまな塗布技術を使用して均等に分散されます。. 不規則性を隠すことができます コレクターペン、クリーミーなファンデーション、コンシーラーなどの着色マスキング製品は、肌の欠陥を隠します。補色はここで機能します-カバー製品の緑色の色素は、酒皶、目に見える血管、レーザー治療後の赤みなどの皮膚の赤みを中和します。黄色の色素は、くまや静脈瘤などの青い肌の色を隠します. 細かいベニヤリングは自然な外観を作成します 変更または強調を少なくしたい顔のすべての部分に、より暗い輪郭色が大まかに適用されます。よりシャープなあごのラインが必要な場合は、このラインの少し下に暗い色合いを適用します。この方法で二重あごを消すこともできます。テンプルとヘアラインの下に輪郭ペイントを適用すると、高い額が想起されます. 鼻の形を光学的に矯正するためのヒントを作る 鼻を狭く見せたい場合は、鼻梁の横にある輪郭の色と、鼻梁の蛍光ペンを使用します。鼻のこぶを小さく見せたい場合は、このこぶの領域に暗い色合いを適用します. 1-2-3のような顔の輪郭-メイクアップブラシと適切なトーン…

アイメイクのコツ-下まぶたを正しくメイクするにはどうすればいいですか?

もともとそれはから来ています アイメイク エジプトとインドから。ネフェルティティの時代には早くも、エジプト人は宗教的な理由から、コールで正確に描かれた線を使用して、両方のまぶたに化粧をしていました。下まぶたは、アイメイクの初心者が十分に注意を払っていない顔の領域であり、したがって、彼らは常に完璧な外観の結果を達成するとは限りません。目の下でメイクを適切に適用するために知っておく必要のある重要なスキルのいくつかは、以下に説明するメイクのヒントとアイデアから来ています。もちろん、プロのスキルは一夜にして得られるものではありません。そのため、記事の目の下でメイクアップ製品を適用するときに最もよくある間違いに特別な注意を払っています。. アイメイクのコツ:上まぶたと下まぶたの色彩調和 アイメイクで使用されるテクニックによっては、目が大きく見えることもありますが、小さく見えることもあります。残念ながら、多くの場合、望ましくありません。専門家の主なルールは次のとおりです。アイライナーは上まぶた用、コールは下まぶた用です。下のアイライナーが完璧に描かれるように、初心者に最適なツールです。リキッドアイライナーはいつでも正確で正確なラインを描くことができますが、コールペンシルを使ったメイクアップテクニックはラインの小さな凹凸を許容します。これらは指で簡単に汚れることがあり、人気のあるスモーキーアイ効果からそれほど遠くありません。それはまたかなり厚いまつげを作るのに使用することができます. 下まぶたの専門家によるアイメイクテクニック 下まぶたにどのメイクアップテクニックを使用するかは、メイクアップの基本的な考え方、特定の機会、特に肌のタイプによって異なります。しかし、目の形は非常に重要です。目を強調してまつ毛をより豊かに見せるために、細いメイクブラシでまつ毛のラインの真下に黒またはダークブラウンのアイシャドウを塗ることができます. 目の形に合わせて下まぶたのコツを作ります 丸い目では、アイライナーはかなり狭く、中心から外側に向かって広くなるはずです。互いに接近している目については、アイライナーが目の隅に直接適用されるのではなく、下まぶたの中心に向かって数ミリメートル適用されることが不可欠です。遠く離れた目は、目の隅に向かって少し強くなるようにアイライナーを描く必要があります. 目の下の肌をメイクする準備 下まぶたのメイクアップの成功は、一般的に目の下の敏感な領域でそうであるように、皮膚の徹底的な準備から始まります。 BBクリームまたはアイシャドウベースは、アイシャドウが後で色を発達させ、可能な限り長く続くことができるように、最適なプライマーを提供します。このベースは肌の色を均一にし、パウダー状のアイシャドウのテクスチャをより正確に適用できます. 目の腫れやくまのためのプロのメイクアップのヒント 着色されたマスキング製品(コンシーラーまたはコレクターペン)を使用して、目の下の影を隠す正しい方法を学びます。上の写真の左側に示すように、各目の下のロットの割り当ては正常に完了しました。お肌のタイプに応じて、マスキング製品の適切な一貫性を選択してください. アイシャドウの正しい選択は結果のために不可欠です アイシャドウの多様性は、10セント硬貨のようなものです。繊細なテクスチャーは下まぶたを補うのが簡単で、まぶたのしわにすぐに落ち着きません。マットなトーンは非常に高貴に見えますが、それらのほこりっぽい一貫性は適用するときにスキルを必要とします。アイシャドウで下のアイライナーを適切に描くには、ミネラルメイクアップアイシャドウを暗いマットな色調(黒、灰色、または茶色)で使用するのが最適です。. 古典的な変種-アイペンシルで下まぶたを強調する コールペンシルはすべてのメイクアップバッグに欠かせない要素であり、少し練習すれば効果的なメイクアップに簡単に使用できます。まつ毛のラインに直接塗って、目を強調し、まつ毛をふっくらと見せます。. より明るく、より注意深い外観のためのメイクアップのヒント ホワイトアイペンシルは、視覚的に目を大きくし、視線をより注意深く見せることができます。白い、できれば防水のアイペンシルで喫水線に線を引きます。この方法は、明るい目の色に特に適しています。白い線は暗い目に興味深いコントラストを作り出すことができます. アイメイクを簡単にするアクセサリー よく知られているシャドウシールドは、アイシャドウパウダーが多すぎるのを防ぐために特別に切り抜かれた形状の粘着ラベルです。まつ毛のラインの下の希望の位置に1つを貼り付けて、正確なまぶたのストライプを描きます. さまざまなルックスのアイメイクのアイデア 古典的に、アイライナーは、希望する外観に応じて、コールまたはアイライナーで内側の下まぶたに描かれます。これは特に大きくて軽い目を強調します。内側の端にコールを適用するだけで、小さくて深いセットの目はさらに小さく見えます。この場合、目が視覚的にあまり縮小されないように、コールまたはアイライナーで下まつげラインの領域を作ります….