プロの写真撮影のための26のメイクアップのヒント

メイクアップのヒントprofessional-photoshoot-model-photographer-studio-camera-light

26のコレクションで メイクのコツ 写真撮影のプロとしての準備をしたいすべての女性に実践的なアドバイスを提供したいと思います。経験がほとんどないかまったくない場合でも、疑問が生じるかどうかは理解できます。すべての顔は、最適な準備とさまざまなメイクアップテクニックによって完全にモデル化できます。次に、稲妻の下に立ち、輝きを放ち、前向きな姿勢に満ちています。自然の美しさとその強みを強調したい場合は、専門家からのさまざまなメイクのヒントがたくさんあります。写真の欠陥は実際よりも多く見ることができますが、これらのヒントをうまく模倣することで、プロの自家製メイクだけでなく、実際のモデルの自信とカリスマ性も得られます。.

専門家からのメイクアップのヒントは、ポジティブなオーラから始まります

メイクアップのヒントface-skin-prepare-professional-artist-model-face-skin-type

写真撮影では、メイクのコツや知識に加えて、カメラの前でモデルとして快適に過ごせることが重要です。そうでない場合、画像は不自然になり、ポーズをとっているように見えます。正しく、官能的な準備ができれば、戦いの半分になります。最良のシナリオでは、撮影当日にぐっすりと眠り、良い気分を約束に持ち込み、前向きに考えます。.

健康的で効果的な顔のためのメイクアップのヒント

顔の帽子の準備-クリーニング-マッサージ-肌-テクスチャ-改善のためのメイクアップのヒント

鏡が常に見ることができないものは、常にカメラによって想起されます。私たちの通常の環境と動きの立体性が失われているため、あなたの顔の傷は実際よりもはるかにはっきりと見ることができます。完璧な肌はもちろんPhotoshopで想起させることもできますが、プロの写真撮影のために顔がすでに理想的に準備されている場合は、後で面倒な修正を行う必要はありません。.

まず、顔の皮膚を徹底的にクレンジングします

フェイスハット準備クリーニングマッサージマッサージフェイシャルクレンザーのメイクアップのヒント

赤みやアレルギーが発生しないように、写真撮影の前にケア製品や化粧品を試してはいけません。通常の洗顔料を使用してください。まぶたの皮膚を不必要に刺激しないように、写真撮影の1日前までは、眉毛をやさしく剥がしたり、摘んだりしないでください。.

肌をすっきりとなめらかにする必須の準備

メイクアップのヒントface-hat-preparation-moisture-primer-application-massage

メイクアップの成功は、お肌の徹底的な準備から始まります。メイクの前に保湿剤を塗ってください。プライマーは、均一で放射性のプライマーの基礎にもなります。乾燥肌、脂性肌、コンビネーション肌、成熟肌など、お肌のタイプに合わせてスキンケアをお選びいただけます。.

メイクアップ製品に適したテクスチャと色合いを選択する

Make-up-tips-face-hat-preparation-cleaning-cotton-wool-pads-mirror-face-cleaner

メイクの色や質感も肌の色やタイプに合わせることが重要です。メイクアップ肌と素肌の間に色の違いは目立たないはずです。メイクは唇や目を含む顔全体に上向きに薄く塗り、その後エッジの周りでフェードアウトします.

フォトメイクでは、首やデコルテにもメイクをします

メイクアップのヒント-顔-プロ-写真撮影-肌-トーン-緑の目

モデルは、プロの写真撮影中に頭からつま先まで完全に構成されています。これにより、あざや小静脈などの傷をカバーすることができ、肌の色を完全に統一することができます。.

顔色を均一にするメイクアップテクニック

Make-Up-Tips-professioneles-make-up-font-de-tient-basis-products-make-upスポンジ

まず、額、頬骨、鼻梁、あごの4か所にファンデーションを塗ります。 Font-de-Teintは、ブラシ、メイクアップスポンジ、または指を使って、さまざまな塗布技術を使用して均等に分散されます。.

不規則性を隠すことができます

メイクアップ-ヒント-スティック-コンシーラー-欠陥-カバー-形状-鼻-矯正-光学的に

コレクターペン、クリーミーなファンデーション、コンシーラーなどの着色マスキング製品は、肌の欠陥を隠します。補色はここで機能します-カバー製品の緑色の色素は、酒皶、目に見える血管、レーザー治療後の赤みなどの皮膚の赤みを中和します。黄色の色素は、くまや静脈瘤などの青い肌の色を隠します.

細かいベニヤリングは自然な外観を作成します

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-輪郭を描く-ハイライト-額-鼻-頬-あご

変更または強調を少なくしたい顔のすべての部分に、より暗い輪郭色が大まかに適用されます。よりシャープなあごのラインが必要な場合は、このラインの少し下に暗い色合いを適用します。この方法で二重あごを消すこともできます。テンプルとヘアラインの下に輪郭ペイントを適用すると、高い額が想起されます.

鼻の形を光学的に矯正するためのヒントを作る

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-輪郭-ハイライト-メイクアップ-テクニック-肌-トーン-シャドウ

鼻を狭く見せたい場合は、鼻梁の横にある輪郭の色と、鼻梁の蛍光ペンを使用します。鼻のこぶを小さく見せたい場合は、このこぶの領域に暗い色合いを適用します.

1-2-3のような顔の輪郭-メイクアップブラシと適切なトーン

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-メイクアップテクニック-ハイライト-ベニヤ-頬骨-アンダーアイ-額

蛍光ペンの明るい色は、顔の特徴を強調し、それらに焦点を合わせます。眉のアーチのすぐ上に細い線があるので、目はより注意深く見えます。くまや腫れぼったい目に対しては、目の内側の角と各目の下の領域に明るいコンシーラーを使用してください.

赤面で顔の輪郭を正しく整える

メイクアップのヒント-適用-コンシーラー-ブラシ-肌-トーン-修正-シャドウ

頬とこめかみは、2色または3色で輪郭が描かれていることがよくあります。頬骨の下の最も暗い色合いは、骨をより鮮明にします。こめかみや頬には、キラキラ効果のある明るいチークが若々しいフレッシュさのためによく使われます.

輪郭はブロンザーで補強されています

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-ハイライト-頬-ブロンザー-肌-トーン-ヌード

ブロンズパウダーは、彫りの深い、少し日焼けした自然な外観を作りたいときに使用されます。これは、額の側面、頬骨の下、あごの先端、首の顔の真下の輪郭を描くのに最適です。鼻の側面に適用されたブロンザーは、視覚的にその幅を狭めます.

若くてふっくらとした頬のメイクアップテクニック

メイクアップのヒント-ルージュ-正しく適用-頬骨-輪郭を描く-コレクター-鉛筆-メイクアップブラシ

ダークコンシーラーを使用して、耳の前の領域から頬の中心に向かって先細になる逆三角形を適用します。このようにあなたは赤面のために頬を準備します、そしてあなたはそれをやり過ぎてはいけません.

輪郭とハイライト-メイクアップの専門家の最強の武器

Make-Up-Tips-professional-make-up-technique-face-highlighting-contouring-correcting-pen

頬骨を高くして顔を狭くするには、暗いコンシーラーシェードを耳から顔の中心まで頬の空洞に配置します。この線を口に向かって斜めに引くと、後で顔が狭く見えます。鼻に向かって水平に引っ張ると、顔が視覚的に広がり、短くなります.

自分で美しいアイメイクをする方法

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-メイクアップ-頬骨-目-スモーキー-目の効果

まず、アーモンドの形、傾斜した、丸いなど、どの目の形をしているのかを判断して、美しい目のようなプロのようにメイクをすることができます。また、写真撮影の目的に応じて、適切なメイクアップテクニックを選択してください。たとえば、スモーキーアイ効果は常に流行していますが、スタジオでは特別な照明が必要です.

目を開けて-メイクアップアーティストからのアドバイス

メイクアップのヒント-アイライナー-ペンアイリム-アイライナー-メイクアップ-ナチュラル-ブラックブラウン

スモーキーアイは時代を超越し、セクシーで、メイクをするのはそれほど難しくありません。このメイクアップトレンドのためにアイシャドウをより耐久性のあるものにするにはどうすればよいですか?メイクをする前に、小さな赤みを均一にするアイシャドウベースを塗ってください.

あなたの目に置くための適切な光

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-目-メイクアップ-指示-ナチュラル-ヌード-ニュアンス-ブラシ

このアイメイクは、すべての目の形に適しています。目の内側と外側の角に明るい色のアイシャドウを適用して、外観を開きます。ブラシを使用して、眉全体に同じ色の眉メイクを成長方向にブラシで塗ります.

プラムニュアンスの茶色の目のメイクアップの手順

メイクアップのヒント-アイ-プロフェッショナル-メイクアップ-インストラクション-アイライナー-プラム-カラー-アイシャドウ

ピーチ、ベージュ、ライトゴールドのきらめき-水色の目を強調します

メイクアップのヒント-グリーン-目-メイクアップ-アイシャドウ-ブラウン-トーン-指示

右のマスカラがアイメイクを締めくくります

メイクアップ-ヒント-プロフェッショナル-まつげ-ブラック-マスカラ-トゥシェン-アイズ-メイクアップ

特に濃いまつ毛をシミュレートするには、マスカラに最適な色は黒です。グレー、ブラウン、その他の色のまつげは目の色をよく引き立たせますが、見た目は目立たないため、プロの写真撮影にはお勧めしません。.

プロのように目をメイクアップ

Make-Up-Tips-professional-make-up-eyes-smokey-eye-effect-black-highlighting

大きな目は、上下のまつ毛ラインにコールまたはアイライナーで濃いアイライナーを描きます。小さい目や深い目には、アイライナーを使ったきついラインや濃い目のメイクはお勧めしません。.

唇のメイクアップ-プロのメイクアップのヒント

メイクのコツ-使い方-プロの口紅-リップブラシインスタイル

カメラにあなたの美しい笑顔を示す前に、簡単なトリックに頼ってください。いつものように口紅を使い、仕上げとして無色のパウダーで唇をコーティングします。細かい粉の粒子が唇をつや消しに見せ、口紅が汚れにくい.

繊細なヌードトーンのメイクアップのヒント

メイクアップのヒント-リップライナー-カラー-口紅-アプリケーション-リップ-シェイプ-インストラクション

唇のメイクに繊細なヌードトーンを好む場合は、微妙な方法で唇の形を最大限に活用することができます。次に、アイメイクにもう少しアクセントを加えることができます.

写真撮影後にメイクを落とす

メイクアップのヒント-プロフェッショナル-メイクアップ-頬骨-ルージュ-唇

肌が呼吸しやすいように、写真撮影後はクレンジングミルクやミセルローションでメイクをしっかり落とすことが大切です。また、適切な洗浄剤でメイクアップブラシを定期的に洗浄することにより、アレルギーのリスクを最小限に抑えます。.

プロのメイクアップのヒントのようにプロの写真撮影に役立つものはありません

メイクのコツ-プロ-写真撮影-モデル-写真家-美しい顔

About the author