抗酸化物質とは何ですか?それらは健康にどのように影響しますか?

ほとんどの人はすでに抗酸化栄養素とサプリメントが健康に良いことを知っていますが、実際には抗酸化物質とは何ですか?多くの人は、これらの物質が体内でどのように機能するかを完全には理解していない可能性があります。ある記事によると、抗酸化という言葉は、科学文献ではまだ明確に定義されていない最も紛らわしい用語の1つです。この記事はそれを深く掘り下げ、その健康上の利点とリスクが何であるかを説明します.

食事計画に関連する抗酸化物質とは何ですか?

カプセルからのオメガ3脂肪酸によるデトックスと栄養計画

抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる分子を中和することによって細胞の損傷を軽減または阻害する化合物です。同様に、フリーラジカルはその外側の軌道に1つまたは複数の不対電子を持っています。これにより、それらは不安定になり、反応性が高くなります。体は、エネルギー生産を含む通常の内因性代謝プロセスを通じてそれらを作成します。さらに、それらはまた、日光への曝露、喫煙、アルコール消費などの環境およびライフスタイルの要因に応じて生物内で生成されます。したがって、抗酸化物質は、細胞の損傷を引き起こすフリーラジカルを生成する酸化と呼ばれるプロセスを阻害します。これらの化合物は、フリーラジカルと安全に相互作用し、タンパク質、脂質、およびDNAに損傷を与える前にそれらを中和します。さらに、酸化ストレスは、体内のフリーラジカルが多すぎる場合に発生します。この不均衡は、フリーラジカル生成の増加または抗酸化防御の低下が原因で発生する可能性があります。たとえば、心臓病や癌を含む多くの慢性疾患は、進行性のフリーラジカル損傷に関連しています.

天然物からのビタミンB3による健康的な栄養

体はまた、代謝を通じて代謝抗酸化物質を生成します。これらには、リポ酸、グルタチオン、コエンザイムQ10、メラトニン、尿酸、L-アルギニン、ビリルビン、トランスフェリンが含まれます。しかし、体が生成できないいくつかの抗酸化物質があります。これは、それらが食品またはサプリメントから取られなければならないことを意味します。このような栄養抗酸化物質には、カロテノイド、ビタミンCおよびEを含む抗酸化ビタミン、セレン、マンガン、亜鉛、フラボノイド、およびオメガ-3およびオメガ-6脂肪が含まれます。食事療法および補足の抗酸化物質は、栄養の世界で最も注目されています。したがって、抗酸化物質が豊富な食事は、体の抗酸化防御を強化するのに役立ちます.

食品対ダイエットサプリメント

食事療法の一部として栄養補助食品と組み合わせた抗酸化食品

ダイエットサプリメントには通常、抗酸化物質が豊富な食品とは異なる健康への影響をもたらす可能性のある、濃縮された用量の単離された抗酸化物質が含まれています。このようなサプリメントは非常に栄養価が高く、健康にとって重要ですが、非常に高用量の抗酸化物質を摂取することはすべての人に適しているとは限りません。さらに、そのようなサプリメントは、一部の人々にとっても有害である可能性があります。ただし、補足的な抗酸化物質と病気の予防との関係はあまり明確ではありません。たとえば、科学者たちは、ビタミンEの補給を健康な男性の前立腺癌のリスクの増加に関連付けています。同様に、研究はベータカロチンの補給を1つにリンクしています 喫煙者の肺がんリスクの増加.

酸化ストレスの健康に関連する抗酸化物質は何ですか

逆に、研究は一貫して、野菜、果物、香辛料、およびその他の抗酸化物質の天然源を多く含む抗酸化物質が豊富な食事を病気のリスクの低減に結び付けています。有害な結果との関連は見つかりませんでした。このため、栄養士は天然物よりも抗酸化物質を摂取することを推奨しています。医療提供者によって特に推奨されない限り、彼らは高用量のサプリメントを服用することを推奨していません. この研究によると 抗酸化物質は、野菜、果物、ナッツ、魚、香辛料、お茶などの食品や飲料から最もよく吸収されます。.

About the author