進行がんに成功したチロシンキナーゼ阻害剤療法

高用量の抗がん剤スニチニブを断続的に投与するための1つの戦略は、腫瘍患者に十分に許容されるチロシンキナーゼ阻害剤です。それはまた癌を持っている人々の薬の濃度を増加させます。新しい研究では、研究者はこれを生存の可能性の改善と組み合わせています。このアイデアは、分子標的と癌治療に関するオンラインシンポジウムで発表された研究に由来しています。.

腫瘍に対するチロシンキナーゼ阻害剤の有効性

がん治療薬とチロシンキネシス阻害剤間欠的高用量腫瘍に有効

スニチニブは、多くの進行がん、特に腎臓がん、膵臓の神経内分泌腫瘍、消化器系の肉腫(消化管間質腫瘍)の患者の治療に使用できます。これらの薬の1つは、チロシンキナーゼ(TK)と呼ばれる癌細胞の表面の受容体をブロックすることによって機能します。これは、これらが腫瘍の発生と進行に重要な役割を果たすためです。薬は通常1日1回50mgの用量で与えられます。多くの患者は最初は薬によく反応しますが、時間の経過とともに薬に対する耐性も発達します。腫瘍自体の濃度を高めるために1日大量の薬剤を投与することも、深刻な毒性の副作用によって制限されます。.

癌の化学療法を受けている入院中の患者

したがって、そのようなチロシンキナーゼ阻害剤の長期的な臨床的利益は、すべての患者の内因性および後天性の薬剤耐性によってしばしば損なわれる。研究者たちは、スニチニブや他のTK阻害剤の完全な効果と大きな可能性を開発しようとしました。これはそれに応じて癌疾患の有効性を高めることができます。それらの多くにとって、医学はすでにそのような薬を使用していますが、それらはより広い範囲や他の種類の癌に効くと考えられています。研究の第1段階では、スニチニブの断続的な高用量である300mgを週1回または700mgを2週間に1回、進行性腫瘍の患者に有効であることが示されました。より高いピーク濃度では、薬物は通常の投薬と比較して血漿サンプルで有望な臨床的利益を示しました.

研究結果

医師は高用量の注入注入を介して抗がん剤を投与します

科学者たちは、達成された腫瘍の濃度と癌が進行する前の期間の全生存期間との間に統計的に有意な関係があることを発見しました。高レベルのスニチニブが腫瘍に存在することが示されたのはこれが初めてです。血中濃度とは対照的に、これは、そのような高用量の断続的なチロシンキナーゼ阻害剤で治療された患者の臨床結果の改善と関連しています。ただし、この興味深い発見は、より大規模な臨床研究でさらに検証する必要があります。研究結果は、用量とスケジュールを変更する可能性があります。これにより、臨床効果を高めることができます。そのような重要な結果はまた、血中のスニチニブの濃度がそれに応じて腫瘍に影響を与えるという事実につながる可能性があります.

ブルーリボンとの前立腺癌と連帯のための薬

主なことは、これらのような方法で各患者に適切な用量を選択することです。したがって、この効果が他のクラスの抗がん剤でも発生するかどうかを知ることは興味深いでしょう。だからデータはできます この研究 もちろん、前向きに検証されます。このような進行がんの患者さんは、緊急に最適化された治療法を必要としています。これは主に、一次抵抗性のために腫瘍が進行しないことがあるためです。代わりに、それは患者の血中の薬物のレベルが不十分であるためにそれと戦う.

About the author